2011年09月06日 09:10 公開

入れ歯にはどのような種類がありますか?

 入れ歯にはどのような種類がありますか?

大きく分けて、取り外しができるものと、できないものがあります。

 何本の歯を失っているかによって、さまざまな義歯(入れ歯)が使われます。義歯には大きく分けて、2つのタイプがあります。自分では取り外しができないものを固定性の義歯といい、自分で取り外しができる義歯を可撤性義歯(かてつせいぎし)と呼びます。さらにいくつかの種類に分かれていますが、それぞれの特性を理解することが重要です。

1.固定性の義歯

a.ブリッジ

 1~2本の欠損であれば、欠損の両隣の天然歯を支台としたブリッジ(橋義歯)を装着します。ほぼ天然歯と同レベルの機能回復が可能とされています。しかし、橋(ブリッジ)の下には現実の橋の下と同様に、食べ物のかすやプラークがたまりやすくなります。必ず歯間ブラシやフロスなどの特殊な口腔清掃用具を使用しなければなりません。

67_1.png
  • 【図】この画像は1本の欠損です。歯が飛び飛びに欠損していたり、欠損が左右両方にまたがったりするような場合は広範囲のブリッジを作ることもあります。

b.インプラント義歯

 近年、顎骨(がっこつ。あごの骨)にチタンの人工歯根を埋入して、その上に歯を構築するインプラント義歯が多く用いられるようになってきました。インプラント義歯にも天然歯の歯周病と同様に、プラークがたまってインプラント周囲炎が発生します。インプラント体は顎骨に直接接しており、炎症は顎骨に広く波及します。周囲の清掃には十分注意してください。

2.可撤性義歯(取り外し可能)

 欠損している歯が多くブリッジでは無理な場合や、経済的理由、または顎の骨の幅や高さの不足によりインプラント義歯を選択できない場合は、可撤性義歯(有床義歯)の適応となります。高齢者で義歯といえば可徹性義歯を指します。

a.部分床義歯

 義歯のなかで、残存歯が残っており、それにクラスプ等の維持装置を付加したものを部分床義歯といいます。部分床義歯はこの維持装置をかける歯(支台歯、維持歯)の命運が義歯の機能に大きく影響を及ぼし、支台歯がう蝕(虫歯)や歯周病で失われた場合、急に義歯自体が使用できなくなる場合もあります。

67_2.png
  • 【図】左右の犬歯間はブリッジで、臼歯部は部分床義歯で咬み合わせを回復しました。

b.全部床義歯(総義歯)

 全く歯のない無歯顎(むしがく)に装着するものを全部床義歯といいます。全部床義歯は維持する歯が周囲にないため、義歯の維持安定を周囲の軟組織に合わせた形態によって口腔内で機能を営ませているもので、顎堤(がくてい。いわゆる「土手」)が高く残っている場合はよく吸いつくのですが、義歯使用年数が長く顎堤の高さが低い患者さんの場合、顎骨を被うする粘膜が薄い場合、加えて口腔乾燥症の場合は、装着はきわめて難しくなります。

67_3.png 
  • 【図】義歯の形を周囲の動きに合わせて作ることと、咬み合わせのバランスを厳密に調整することで、良好な義歯となります。

関連トピックス