2011年09月12日 17:36 公開

首の椎間板ヘルニア―肩甲骨などに激痛

安静にして刺激避ける

 椎間板ヘルニアは腰の部分で起こることがよく知られているが、腰と同じように首の骨(頸椎)でも起こる場合がある。首の椎間板ヘルニアの症状や日常生活上の注意点などを知っておこう。

まひやしびれも

 スポーツの最中に急に上や下を向いたり、草むしりやペンキ塗りなどで長時間、上や下を向き続けたりしたとき、頸椎と頸椎の間でクッションの役をしている椎間板が後ろへ飛び出し、痛みなどの症状を起こすのが頸椎椎間板ヘルニア。飛び出た椎間板が神経の枝(神経根)を圧迫すると、首筋から肩甲骨、あるいは首筋から腕を通って、親指や中指、小指へ激しい痛みが走る。

 痛みに伴って、ビリビリとしびれる感じもある。椎間板が神経の幹(脊髄)を圧迫すると、両方の手足にまひやしびれ、脱力感が生じ、歩きにくくなり、手で物が持ちにくくなることもある。

 よく起こる年齢は、腰の椎間板ヘルニアに比べて高く、40歳代から50歳代にかけて。同じように手足のしびれや痛みが伴う変形性頸椎症よりも痛みが激しい。治療は、痛みに対しては鎮痛薬を服用したり、湿布をしたりする。また、首をけん引する場合や治療用のカラーを使うこともある。

日常の注意が大切

 治すためには日常生活上の注意が非常に重要で、その基本は安静と刺激を避けることだ。痛みが激しい急性期は、温めると症状が悪化するので、入浴はシャワー程度にしておく。マッサージや指圧は、患部に刺激を与えるので禁止。草むしりやデスクワークなど下を向いての仕事や、天井の掃除など上を見上げての仕事も避けたい。

 痛いからといって全く動かないと足腰が弱るため、散歩や軽いジョギング、手足の体操など、首に負担がかからない運動はした方がよい。

 寝る際の枕はあまり硬くなく、肩まで届くほどの大きさで、立ったときの自然な首の状態が保てるような形のものにする。頸椎椎間板ヘルニアの約9割は、こうした治療と日常生活上の注意で1カ月以内に治る。

cervicaldischerniation2.jpg

 頸椎のすぐ後ろには、重要な神経が集中している。麻酔を用いた神経ブロックや手術は危険を伴うので、あまり勧められない。頸椎椎間板ヘルニアの大部分は1度の発症で済むが、再発もあるので、治っても日常生活には気を付けたい。この病気かなと思ったら、整形外科か神経内科、脳外科を受診するとよい。

1995年3月取材(記事内容は取材当時のもの)

関連トピックス