2011年11月30日 10:21 公開

ネット上の噂「白血病患者急増」,日本医師会が否定

 東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故以来,社会に放射性物質に関連する不安が渦巻いている。その中で,「白血病患者急増 医学界で高まる不安」と題した書き込みがネット上の掲示板,ブログ,ツイッターなどを介して広まっているが,日本医師会は昨日(11月29日),公式サイト上で「このような発表を行った事実はありません」と,原中勝征会長の署名入り文書で否定した。

「信憑性を疑わざるを得ない」

 日本医師会によると,ネット上で広まっている書き込みの内容は以下の通り。

白血病患者急増 医学界で高まる不安

 各都道府県の国公立医師会病院の統計によると,今年の4月から10月にかけて,「白血病」と診断された患者数が,昨年の約7倍にのぼったことが21日に判明した。これを受けて,日本医師会会長原中勝征は,原発事故との因果関係は不明として,原因が判明次第発表するとした。白血病と診断された患者の約60%以上が急性白血病で,統計をとりはじめた1978年以来,このような比率は例が無いという。また,患者の約80%が東北・関東地方で,福島県が最も多く,次に茨城,栃木,東京の順に多かった。

 新聞記事風の文体だが,「各都道府県の国公立医師会病院」という誤った表記のほか,新聞などではあまり使われない表現や用字などが散見される。

 日医は「そもそも医師会病院は,国公立ではありませんし,統計の数値につきましても,現段階でそのようなデータについて確認できず,信憑性を疑わざるを得ないものであります」とし,一般紙に掲載されたものとのうわさについても,掲載されていないことを確認したという。

 東日本大震災後,ネット上では「コスモ石油のタンク火災で有害物質が雨とともに降ってくる」などのチェーンメールがたびたび広まった。現在も,日医が指摘する書き込み以外に「病院勤務医の知人が,福島原発事故以降に白血病患者が増えたと言っている」といった出所不確かな情報が飛び交っている。

(編集部)

関連リンク(外部サイト)