2012年02月06日 09:31 公開

あなたの地域は何位? 肥満、喫煙、飲酒の県別ランキング

厚労省の国民健康・栄養調査

 厚生労働省は1月31日、「平成22年国民健康・栄養調査結果」を発表した。主な結果概要としては、喫煙率が男女ともに前年を下回った(男性38.2%→32.2%、女性10.9%→8.4%)こと、低所得と肥満、生活習慣の悪化との関連が示されている。非常に多くのデータの中には、肥満や生活習慣について47都道府県のランキングもある。自分の生活習慣はさておき、自分の地域が果たして何位なのか、気になる人も多いのでは?

食塩摂取量は「東高西低」

 同調査は単位区から層化無作為抽出された世帯において、2010年11月1日現在、満1歳以上だった人を対象に行われた。

 肥満者(BMI=肥満指数=25以上)の割合は、2002年に比べ男性が29.5%から31.4%とわずかに増加した一方、女性は23.8%から22.2%に減少。男性の都道府県別ランキングでは沖縄が45.2%とトップ、宮崎県(44.7%)、栃木県(40.5%)、福島県(40.3%)、徳島県(40.1%)が続く。割合が少ないのは山口県(22.1%)、福井県(22.5%)、滋賀県(23.0%)、鳥取県(25.1%)、静岡県(25.2%)の順だった。

 平均食塩摂取量は、2002年に比べ男性で1日当たり12.8グラムから11.5グラムに、女性では11.0グラムから9.9グラムと減少している。男性の食塩摂取量が最も多かったのは山梨県で13.3グラム、青森県と福島県が13.0グラム、次いで福井県(12.9グラム)、山形県(12.7グラム)。最も少ない上位5地域は、沖縄県(9.5グラム)、佐賀県(10.9グラム)、香川県(11.0グラム)、大分県と大阪府(いずれも11.1グラム)と、明らかな東高西低の傾向が見られた(図1)。食塩に関しては、女性も男性と同様の傾向だった。

 1日の歩数は兵庫県が男性(7,964歩)、女性(7,063歩)ともにトップ。次いで東京都、神奈川県、奈良県が4位までを占めた。都市、あるいは都市近郊で電車などの利用が多いことも歩数増加の一因と考えられる。

 一方、最も歩数が少なかったのは男性では鳥取県(5,634歩)、青森県、新潟県、和歌山県、秋田県。女性では山梨県(5,152歩)、秋田県、鳥取県、栃木県、山形県と、男女で異なる結果だった。男性では和歌山県を除き、冬の降雪量の多さが歩数減少に関与しているとも推測できそうだが、女性では必ずしも同様の推測が当てはまらないことから、興味深い結果といえる。

習慣的喫煙率、飲酒率トップは青森県

 男性の習慣的な喫煙者の割合が高いのは青森県(44.8%)、和歌山県(44.7%)、鳥取県(43.7%)、北海道(42.6%)、山梨県(42.5%)。同飲酒習慣者の割合が高いのは青森県(51.6%)、鳥取県(48.5%)、島根県(48.3%)、秋田県(46.9%)、岩手県(46.1%)と、青森県が両者で首位を占めた(図2図3)。

 青森県では1999年から、統計分析課が子供向けに県に関する事柄をランキングで紹介する「ピカイチデータ数字で読む青森県」を実施。最新の2010年版の中にある「ピカイチデータ100!」はその名の通り、全国5位以内に入っている項目が100も紹介されている。

 健康や医療に関する項目では、「早寝(午後10時32分、全国平均は午後11時16分)」「早起き(午前6時22分、全国平均は午前6時39分)」のほか「人口1万人当たりの年間救急出動件数が少ない(283件、全国平均は399件)」で全国1位を記録しているようだ。

(編集部)

関連リンク(外部サイト)