2012年07月24日 12:00 公開

人の性格や気質は変わる?

 人の性格や気質は生まれ持ったものなので変えられないのか、生活環境で変化するのか、教えてください。

ayumi(女性 30代)

性格は変えられますが、気質は変えられません。

 心理学者・精神医学者の宮城音弥博士(1908-2005)は、性格を4層から形成される同心円構造として捉えました。それに基づくと、性格の核となる部分を「気質」といいます。生まれつきのもので、遺伝によって決まる部分が大きく、環境や経験に影響されず、あまり変化しません。

 気質を包み込むように、その周りには狭い意味での性格があります。この「狭義の性格」は、親などの養育者や育った環境の影響を受けて幼少期にほぼ確立され、大人になってからはほとんど変わりません。

 その外側に、社会的・文化的影響を受けて作られた「社会的性格」があります。住んでいる国や時代など社会が変われば、変化します。「郷に入れば郷に従え」ということわざがあるように、その社会に適応するために自らの意思で変えることができる部分です。

 さらに、その外側に現在の立場や役割に応じた「役割性格」があります。母親の前では甘えん坊でも、後輩の前では先輩としてしっかりと後輩たちの面倒をみるというように、自分の置かれた立場に応じて変化します。

 上記のように、性格には生まれつきの部分と、その後の環境によって作られていく部分があり、4層構造の内側部分ほど変わりにくく、外側の部分ほど変わりやすいと考えられています。

 性格は簡単には変わりませんが、変えることはできます。 でも、今の自分が嫌いだからといって性格を変えようとしてはいけません。今のかけがえのない自分を認め、本来の性格(気質・狭義の人格)を生かしながら、社会的性格を変えて、自分をさらに磨くようにしましょう。

中野 里美(なかの さとみ)

1990年、東京女子医科大学卒業後、慶應義塾大学医学部内科学教室に入局。都立広尾病院、国立病院機構栃木病院などを経て、2007年から三菱UFJニコス株式会社診療所勤務。同社において初代統括産業医として、社員の健康管理を行っている。日本内科学会総合内科専門医、日本糖尿病学会専門医、日本医師会認定産業医、労働衛生コンサルタント。