2013年04月17日 12:00 公開

〈介護食・魚介類〉サンマの塩焼き(さらに軟菜食)

 秋の味覚,数ある中でも,なんといっても1位はサンマの塩焼きではないでしょうか。このサンマにはDHAやIPA,ビタミンA,D,E,B12などが豊富に含まれる栄養豊富な食材です。旬の脂が乗ったサンマは美味! 頻度を多く食卓に載せましょう。スダチとダイコン下ろしを添えるのは,サンマの焦げの部分が発がん物質を誘発する心配があり,それをダイコンには抑える働きがあること,また,スダチやレモンはビタミンCを多く含み,これも発がん物質の生成を抑える働きがあるためです。これらは食味も含めて絶妙な食べ合わせですね。

 軟菜食の場合は骨を取って身をほぐします。骨は丁寧に取り除きます。さらに軟菜食はサンマを細かくしてだしを加えます。ダイコン下ろしを載せ,その上からあんをかけて食べやすくしています。

材料(2人分)・栄養成分表示(合計)

サンマ 140g(小2尾)
1.4g(小さじ1/4)
ダイコン 60g
だし 45g(大さじ3)
しょうゆ 4g(2/3カップ)
片栗粉 1g(小さじ1/3カップ)
スダチ 1/2個
栄養成分表示(1食合計)
エネルギー 227kcal
タンパク質 13.3g
脂質 17.3g
塩分 1.2g

作り方

  1. サンマは全体に塩を振り,20分くらい置き,水気を拭く。
  2. ダイコンはすり下ろす。
  3. 焼き網を熱し,1を3分くらい焼き,きれいな焼き色が付いたら裏返して焼き,火を通す。またはグリルで焼く。
  4. 3のサンマの骨,皮を除き,小骨も取って細かくほぐす。
  5. 鍋にだし,しょうゆを入れて温め,煮立ったら水溶き片栗粉でとろみを付ける。
  6. 器に4を盛って2を載せ,上から5をかけてスダチを添える。

宗像 伸子(むなかた のぶこ)

 (有)ヘルスプランニング・ムナカタ主宰。女子栄養短期大学専攻科卒・管理栄養士。山王病院および半蔵門病院で管理栄養士として長年勤務。病院・クリニック・銀行のコンサルタント,東京家政学院大学客員教授のほか,生活習慣病予防を考える料理サロンを開催するなど多方面で活動。