2013年05月07日 18:30 公開

22歳時の肥満で55歳までの糖尿病リスク8倍、死亡リスク2倍

エコノミークラス症候群や高血圧も―デンマーク研究

 デンマーク・オーフス大学病院のMorten Schmidt氏らは、同国の徴兵検査を受けた22歳の男性6,500人超を55歳になるまで追跡した結果、22歳で肥満と判定された人では、糖尿病(2型)になるリスクが肥満でない人の8倍以上、死亡リスクは2倍に上ると、英医学誌「BMJ Open」(2013; 3: e002698)に発表した。静脈血栓塞栓(そくせん)症(いわゆるエコノミークラス症候群)や高血圧、心筋梗塞などのリスクも上昇していたという。Schmidt氏らは、若いときに肥満を改善することの重要性を指摘している。

糖尿病や死亡などを合わせたリスクは3倍

 デンマークでは18歳から32歳の男性に徴兵義務があり(女性も志願可能)、兵役期間は通常4カ月。18歳になると徴兵検査を受けるよう求める書類が届くが、検査は必ずしも18歳時に受けなければならないわけではないという。

 Schmidt氏らは、デンマークの徴兵検査を受けた1955年生まれの男性6,502人を、22歳から55歳の誕生日まで追跡。BMI(肥満指数)は、標準体重(18.5~25未満)が5,407人(83.0%)、低体重(18.5未満)が353人(5.0%)、過体重(小太り、25~30未満)が639人(10.0%)、肥満(30以上)が97人(1.5%)だった。

 55歳までに糖尿病、高血圧、心筋梗塞、脳卒中、静脈血栓塞栓症のいずれかを発症した、または死亡した割合は、標準体重で20%(10万人当たり年間649人)だったのに対し、肥満では48%(同1,814人)。認知機能テストの結果と教育年数の影響を除外した発生リスクは、肥満の人たちで3倍だったという。

高血圧や心筋梗塞も2倍以上

 また、各項目別では、糖尿病で8.2倍、静脈血栓塞栓症で4.7倍、高血圧で2.1倍、心筋梗塞で2.5倍、死亡では2.1倍だった。一方、脳卒中についてはむしろリスクが10%低下していた。

 2008年に米医学誌「Circulation」で発表された論文(2008; 117: 93-102)では、肥満の人の静脈血栓塞栓症リスクは、肥満でない人の2倍と報告されたが、Schmidt氏らはこの研究の対象に若者が含まれていなかったことを指摘。今回の検討では4倍にも上っていたことから、成人して間もなくからの肥満解消が重要としている。

(編集部)

関連リンク(外部サイト)