2013年06月12日 12:00 公開

〈介護食・豆類〉凍り豆腐の香り揚げ(軟菜食)

 凍り豆腐の料理といえば,まず煮物の料理が思い浮かびますが,他の調理法はあまり知られていません。今回ご紹介するのは凍り豆腐を煮て,てんぷら粉に香味野菜を加えた中にくぐらせて揚げた,珍しい料理です。凍り豆腐は豆腐を凍らせて乾燥させた保存食品です。これは豆腐の栄養分が凝縮されたもので,最近はあまり食べられなくなっているようですが,保存ができるので,この他に,炒め物やあえ物などの調理法に挑戦して,頻度を多く取りたい食品です。軟菜食は凍り豆腐を豆腐に代えて揚げます。エネルギーを確保したい場合には好都合な豆腐料理です。また香味野菜やダイコンおろしが入っているので,油っぽさをあまり感じさせません。食欲のないときでも食べやすいものです。

 さらに軟菜食は,甘酢ショウガとシソの葉を細かくみじん切りにして,つけ汁をだしでのばした中で,揚げた豆腐を煮ます。

材料(2人分)・栄養成分表示(合計)

豆腐 140g(1/2丁)
0.6g
天ぷらの衣 1/2量
甘酢ショウガ 10g
シソの葉 5〜6枚
揚げ油 適宜
ダイコン 60g
だし 60g(大さじ4)
しょうゆ 8g(小さじ1と1/3)
みりん 8g(小さじ1と1/3)
栄養成分表示(1食合計)
エネルギー 192kcal
タンパク質 6.5g
脂質 12.6g
塩分 1.1g

作り方

  1. 豆腐は水気を切り,4等分にして斜めに切り,塩を振る。
  2. 甘酢ショウガ,シソの葉は千切りにし,水気を絞る。
  3. 天ぷらの衣に2を加える。
  4. 揚げ油を170℃に熱し,1の豆腐に3の衣を付けて入れ,からりと揚げる。
  5. だし,しょうゆ,みりんを温める。
  6. 器に4,ダイコンおろしを盛り,5をかける。

宗像 伸子(むなかた のぶこ)

 (有)ヘルスプランニング・ムナカタ主宰。女子栄養短期大学専攻科卒・管理栄養士。山王病院および半蔵門病院で管理栄養士として長年勤務。病院・クリニック・銀行のコンサルタント,東京家政学院大学客員教授のほか,生活習慣病予防を考える料理サロンを開催するなど多方面で活動。

 « 1 2 3  »