2013年06月24日 11:30 公開

ビタミンD足りている女性は子宮筋腫になりにくい

米研究

 ビタミンDのさまざまな効果が注目されている中、また新たな研究結果が報告された。米国立環境衛生科学研究所(NIEHS)のDonna Baird氏らは、血液中のビタミンD濃度が十分な女性では、そうでない女性と比べて子宮筋腫になるリスクが32%低かったと、国際環境疫学学会の機関誌「Epidemiology」5月号(2013; 24: 447-453)に発表した。

毎日の日光浴でリスク4割減

 子宮筋腫は、子宮のさまざまな場所にできる良性の腫瘍。命を脅かす病気ではないが、経血量が多くなるほか、月経痛や不正出血、腰痛、頻尿などの症状が現れ、若い人では不妊や流産の可能性が高まる。

 Baird氏らは、1996~99年に米ワシントン在住の35~49歳の女性1,036人を対象に、血液中のビタミンD(25ヒドロキシビタミンD=カルシフェジオール)濃度と子宮筋腫の関係を調べた。

 その結果、ビタミンD濃度が十分でない人(血液1ミリリットル当たり20ナノグラム以下)と比べ、十分だった人では子宮筋腫リスクが32%低かった。ビタミンD濃度が十分な人は黒人(10%)よりも白人(50%)の方が多かったが、子宮筋腫リスクが下がる度合いは人種にかかわらずほぼ同等だった。また、1日1時間以上、屋外で過ごす人では子宮筋腫リスクが40%低かったという。

 Baird氏らは「データの一貫性、黒人と白人の類似した結果などが、ビタミンD濃度が十分なことと子宮筋腫のリスク低下が関係しているというエビデンス(根拠となる研究結果)を提供した」とコメント。さらに、「日光を毎日浴びるという簡単でお金がかからない方法で、子宮筋腫の発症リスクを減らせるならば素晴らしい」と述べた。現在、米デトロイトでさらなる研究を行っているという。

(編集部)

関連トピックス

関連リンク(外部サイト)

ファーマトリビューン(PharmaTribune)