2014年01月22日 06:00 公開

増える子供の花粉症、5歳までの発症が4割超える

ロート製薬調査 乳幼児期の湿疹治療がカギ

 「子供が花粉症で寝つきが悪く、鼻詰まりのせいで夜泣きをする」―保護者としては、小さな子供が花粉症に苦しむ前に手を打ちたい。ロート製薬は2014年1月8日、16歳以下の子供を持つ保護者を対象にアンケート調査を実施した結果、「子供が花粉症」が約3割、「5歳までに発症」が4割を超え、低年齢化傾向にあると報告した。また、1歳までに2カ月以上湿疹が続いた子供の花粉症発症率は1.5倍との結果から、大阪府済生会中津病院小児科の末廣豊医師は「乳児期の湿疹から子供のアレルギー疾患が始まり、湿疹をできるだけ早く治すことが"アレルギーマーチ"(成長とともにアレルギーが変化すること)の発展阻止につながることが証明されつつあります」との見解を示した。

子供の花粉症発症時期は「5歳」が最多 

 この調査は昨年11月26日~12月2日、0~16歳の子供を持つ全国の父母2,082人(子供3,472人)を対象に、インターネットを介して行われた。その結果、「子供が花粉症だと思う」と回答した父母は28.8%、そのうち、子供が花粉症を発症した年齢について「5歳」と答えた人が12.5%で最も多かった。なお、5歳までに41.8%、10歳まで78.8%が発症していた。 

 また、「1歳までに皮膚の湿疹が2カ月以上続いた」子供の43.5%が花粉症を発症しており、乳児期の皮膚湿疹と花粉症の間に何らかの関係があると考えられるとした。
(詳細は「ロート製薬公式サイト」を参照) 

子供の花粉症に関する保護者の悩み

 花粉症対策は飲み薬や目薬のほか、マスクや花粉用メガネなどがあるものの、小さな子供にとっては扱いが難しいようだ。鼻水や鼻詰まりだけでなく、集中力の低下や睡眠不足など、父母からはさまざまな悩みが寄せられた(原文ママ)。 

「マスク編」
・子供にとって、マスクを長時間着けておくのは至難の業(42歳女性/5歳男子)
・体育や運動時に外してしまう。メガネが曇る(42歳男性/10歳女子)

「薬編」
・小さいのに毎日薬を飲むことが心配。目をかいたり、鼻水、鼻づまりでかわいそう。(30代女性/5歳男子)
・自己管理ができない。処方されても食後に必ず飲む、かゆいところに薬を塗などができない。(41歳女性/11歳女子)
・くしゃみや鼻水で、よく鼻血が出る。鼻の粘膜へのスプレーを使用しても十分効果は得られていません。(41歳女性/6歳男子)

「花粉用メガネ編」
・花粉用めがねをしていると少し楽になるようです。(41歳女性/14歳男子)
・遊んでいるときは危なくてはずす。あまり意味がありませんでした。(39歳女性/5歳女子)

[その他]
・ティッシュで鼻をかみすぎて、鼻の周りの皮膚がボロボロに。痛くなるほど荒れた。(45歳/14歳男子)
・両親が花粉症なのでいつ発症するか心配。花粉の季節はマスクをさせています。(37歳女性/4歳・2歳・0歳男子)

乳幼児期から発症予防を 

 これらの調査結果を受けて、末廣医師は、「子供の花粉症患者の増加や低年齢化が目立ち、両親がスギ花粉症の場合では理論的に子供もほぼ100%発症する」「いったん発症すると自然に治ることはなく、乳幼児期から花粉を避け、屋内に花粉が侵入するのを防ぐこと、発症してからは早めに予防治療することが大切」と話す。 

 近年では、皮膚から食物アレルゲンなどのアレルゲン感作が始まることを証明するデータは増え続けることから、「乳児期の湿疹から小児のアレルギー疾患(食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アレルギー性鼻炎/花粉症)が始まる、すなわちアレルギーマーチは皮膚から始まるということが証明されつつあり、乳児期の湿疹をできるだけ早く治しておくことがアレルギーマーチの発展を阻止につながります。湿疹やアトピー性皮膚炎の予防には、保湿剤などで皮膚をつるつるにしておくことが重要との報告があります」と述べた。 

 同社は、子供の花粉対策として、以下の5点を紹介している。

子供の花粉対策 5カ条
1)花粉飛散情報をしっかりとチェックしましょう
2)屋外では、花粉との接触を避ける工夫をしましょう(マスク着用など)
3)屋内に花粉を入れないように工夫しましょう
4)目に症状が出てしまった場合は、かいて症状が悪化しないように目薬の使用を
5)子供の症状は気づきにくいので、サインを見逃さないことも大切

(編集部)

関連リンク(外部サイト)