2014年02月04日 06:00 公開

ナッツ類の食べ過ぎで本当に鼻血が出る?

 子供の頃、ピーナツやアーモンドを食べ過ぎると鼻血が出ると言われました。でも、30歳を過ぎた今まで一度も出たことがありません。これは本当ですか? また、個人差があるんでしょうか。

TAKASHI(男性30代)

ナッツの食べすぎで鼻血が出ることはありません。

 鼻血は、転んだり、ぶつかったりして鼻を打ったり、こすったり、鼻の掃除でいじったりして鼻の粘膜や血管が傷つくと出ます。

 鼻血のほとんどは、2つの鼻の間にある鼻中隔前方の「キーゼルバッハ部位」から生じます。キーゼルバッハ部位は血管が網の目のように走っていて、外部から近いため刺激を受けやすく、鼻血の好発部位になっています。

 「ナッツやチョコレートをたくさん食べると鼻血が出る」と注意され、「本当かな?」「どうしてかな?」と思いながらも食べ過ぎないように気をつけている人は多いと思います。

 栄養価が高い食べ物を食べ過ぎるとエネルギーが過剰になって鼻血が出るとか、刺激が強い食べ物によって興奮して鼻血が出るなどと思われていたようです。

 でも、ナッツやチョコレートの食べ過ぎで鼻血が出るという医学的な根拠はありません。食べ過ぎを戒める意味もあると考えられています。

 食べ物が鼻血の直接の原因にはなりませんが、同じ物を食べ過ぎず、バランスよく召し上がるようにしましょうね。

中野 里美(なかの さとみ)

 1990年、東京女子医科大学卒業後、慶應義塾大学医学部内科学教室に入局。都立広尾病院、国立病院機構栃木病院などを経て、2007年から三菱UFJニコス株式会社診療所勤務。同社において初代統括産業医として、社員の健康管理を行っている。日本内科学会総合内科専門医、日本糖尿病学会専門医、日本医師会認定産業医、労働衛生コンサルタント。

関連トピックス