園田マイコさん 乳がんとの闘い(4)前を向いて美しく

2014年06月18日 15:00 公開

園田マイコさん 乳がんとの闘い(4)前を向いて美しく

4:前を向いて美しく

――病気になってご自身が変わりましたか?

 すごく変わりました。病気になってから、人に甘えるってことを覚えたんです(笑)。「お願いしまーす」って頼むと、意外とみんな「もちろん、もちろん」って嫌な顔せずにやってくれるんですよ。

 それまで人を頼ってはいけないと考えていたんですが、一人で背負って、頑張り過ぎてもよくないなと。人に甘えることができたら、感謝する気持ちも心の底から出てくるようになりました。

 病気になってよかった点はそこですね。人に優しくなれたし、「生かされてる」ってすごく感じるんです。

――病気を経ても美しくあり続けている秘訣は?

 え~、そんなこと言われると困るな(笑)。そうですねえ...。本当は抗がん薬治療の前半の頃、引きこもり状態になったんです。でもある時、どうしても出かけなくてはいけない用事があったので、化粧をした途端、気分がパーッと晴れて明るくなったんですよ。こう、下を向いていたのが前を向くように。

 それで、「メイクの力ってすごい」「女性に生まれてよかった!」って気持ちが明るくなって、次に洋服を選ぼうって思いました。「そっか、ずっとパジャマでいちゃいけないんだ」って(笑)。

――髪の毛が抜けてもウイッグ(かつら)やスカーフなどを使っておしゃれを楽しんでいましたね。

 メイクして出かけたその日から、逆に「闘病中だからこそきれいにしておかなくちゃ」って思うようになったんですよね。手術後の夏なんて放射線治療のために毎日、病院に通ったので、家から一歩出た途端に「キレイでいなきゃ」って。本当はもう、暑いしだるいし、気持ちもズタズタなんですけど。でも、ちょっとでもキレイにして、他人から「あの人、爽やかだわ」って見えるような、そういう心構えができましたね。

――今、積極的に病気の体験をお話しされています。

 生まれて45年間、恋愛して結婚して離婚もして、別れもあって新しい出会いもあったんですけど、やはり来世もぜひ女性として生まれたいなと思うんです。男として生まれたらまた違う人生もあったでしょう。でも、女として生まれて、女だからこその歩みというのがありますよね。こうやって乳がんになったのも女だからなわけですが、病気になったこと自体は決してマイナスではないと思っているんです。

 今、私は、乳がんが身近な病気であるとか、そんなに怖い病気ではない、早期で見つかれば圧倒的に治癒率も高い、完治も可能といったことをお話しする機会があって、やっぱり女として世の中にお伝えする、そういう役目の女性として生まれてきたのかなって思うんです。

 世間には仕事を失った人、会社から来なくていいというような扱い受けた人も実際いることを病気になってから知ったので、そんな社会であってはいけないと思います。ならば、やっぱり自分が乳がんだったことを公表して、私たちみたいな人が前に行って話したら、そういう偏見もなくなるのかなと思っているんです。

――マイコさんにとって、がんとは何ですか?

 二つあって、一つはやっぱり"憎き病"ですけど、その半面、がんになったからこその「人生の豊かさを教えてくれたもの」になるかもしれません。

 誰にも寿命があるし、いつかは...ですよね。病気になってから特に思うのは、好きなことや楽しいことを日々していたいなということ。そう思ったら、一日の中で何度か「あ、ステキ」とか「あ、キレイ」とか、感激することが見つかるようになったんです。そうすることで、心が豊かになっていくような気がします。

 日々のちょっとしたことでも、それをプラスに変えられるような気持ちの持ち方、物事の捉え方って大事だなって...そう思えるようになったのは病気がきっかけですね。多分、死ぬときに「あ、病気になっていろんなこと学んだなー」って思えるのかもしれないと考えています。 

(取材・文/さえき文香、撮影/さとうわたる)

園田 マイコ(そのだ まいこ) 

 1969年、東京都生まれ。高校卒業後にモデルデビューし、これまでフェンディ、クロエ、ヒロコ・コシノ、ジャンポールノットなど数多くのファッションショーに出演。一時は米ニューヨークでも活動し、現在もファッション誌やテレビ番組などで活躍する。プライベートでは19歳の男の子の母。
公式ブログ「マイコのHAPPY TALK

 近著紹介

『モデル、40歳。乳がん一年生。』
(KKベストセラーズ)
 40歳を前に乳がんの告知を受けたマイコさんが、現役モデルとして、一児の母として、この困難をどう受け止めたのか...。病気のことはもちろん、闘病の心情を等身大で綴った一冊。

園田マイコさん出演情報

TBSテレビ未来遺産
『"いのちの輝きSP"出産&がん医療最前線 家族の決断...それでもあなたと生きたいから』
TBS系 2014年6月25日(水)夜7:00~10:54放送

 2013年4月に始まった"いのちの輝きスペシャル"その第三弾。今回は、命をめぐる究極のテーマ...「出産」と「がん」にカメラを向けました。高齢出産が増える中で、子供を生むために迫られる選択。そして日本人が最もかかる病気「がん」と向き合う人たちの選択。自分自身のために...。愛する人たちのために...。そこには葛藤そして人生の決断があります。先端医療の現場で迫られる一人一人の「生きるための選択」です。

» 番組情報はコチラ

 « 1 2 3 4

関連トピックス