2015年06月03日 18:00 公開

4種類のウイルスに対応、インフルワクチン導入

B型が2種類に

 4種類のウイルス型に対応したインフルエンザワクチンの導入が決まった。インフルエンザワクチンはこれまで、A型2種類とB型1種類を混ぜた3価ワクチンを製造していたが、今季からは新たにB型1種類を加えた4価ワクチンとなる。近年の流行状況や海外の動向などを踏まえた形だ。6月1日に開かれた厚生労働省の専門家会議では、4価ワクチンについての説明が行われた。

混合流行続く2系統のB型をカバー

 インフルエンザウイルスはA型、B型、C型があり、そこからさらに複数の亜型や株に分類される(B型とC型は亜型なし)。その中から、世界保健機関(WHO)の推奨や国内の状況などから株が選ばれ、インフルエンザワクチンが生産が始まる。これまではH3N2(香港型)、かつて「新型」と呼ばれたH1N1pdm09のA型の亜型2種類に加え、B型は「ビクトリア系統」か「山形系統」のいずれかの株が選ばれていた。

 しかし、近年は世界的にB型はビクトリア系統と山形系統の混合流行が続いており、どちらの株が流行するかを予測するのが非常に難しかったという。国立感染症研究所のウイルス検出状況を見ると、「新型」が流行した2009/10シーズンはビクトリア系統の方が多かったものの、だんだんと山形系統が増えていき、2012/13シーズンには逆転。しかし、ともに報告数はゼロにはなっていない。

 こうした状況から、WHOは2013年から4価ワクチン向けにB型2系統からワクチン株を推奨し、米国や欧州などでは2013/14シーズンから4価ワクチンが段階的に導入されるなど、世界的に4価ワクチンへの移行が進んでいるという。

 2015/16シーズンのインフルエンザワクチン製造株は以下の通り。なお、現時点で接種の対象となる年齢や要領は明らかにされていない。

◆A型株
カリフォルニア/7/2009(X-179A)(H1N1)pdm09
スイス/9715293/2013(NIB-88)(H3N2)
◆B型株
プーケット/3073/2013(山形系統)
テキサス/2/2013(ビクトリア系統)

(あなたの健康百科編集部)

関連トピックス

関連リンク(外部サイト)

ファーマトリビューン(PharmaTribune)