NY最新健康事情
2016年01月18日 06:00 公開

NYのグルテンフリー

 「グルテン」ってご存じでしょうか。小麦などの穀物から作られるタンパク質の一種で、パンや麺類など多くの主食に含まれています。以前に、日本でもグルテンが含まれていない「グルテンフリー」の食事が流行ったと思うのですが、その時は「ダイエット」としてだったと記憶しています。ニューヨーク(NY)では今、グルテンフリーの新商品が毎月のように増えています。理由は「アレルギー」。グルテンにアレルギーのある人はもちろん、グルテンを食事から抜いたところ体調が良くなったという人が増えていて、さらに最近のグルテンフリー商品はオシャレでおいしいとあって、深刻な問題を抱える人から、流行に敏感な人まで、その需要は急拡大中なのです。

醤油は要注意! ポテトチップスにも?

 グルテンアレルギーを持つ人がグルテンを食べると、小腸の繊毛が深刻なダメージを受け、食事からの栄養がうまく吸収できなくなるという状態になります。すると栄養失調になり、長期的に続くと深刻な症状が現れます。

 子供の場合、おなかの張り、痛み、頭痛、嘔吐(おうと)、慢性的な下痢や便秘、イライラといった症状。大人の場合、毛が抜けたり、目が悪くなったり、骨が弱くなったり、さらにうつ症状や不妊、流産などの症状も現れることがあるということです。栄養失調の状態なんですから、当然かもしれません。

 アレルギーは特にグルテンが問題なので、米やナッツ類、キヌア(雑穀)などをうまく配合して代用品にできるようです。気を付けたいのは醤油(しょうゆ)で、ほとんどの種類にグルテンが含まれています。最近、日本の会社からもグルテンフリーの醤油が販売されているので、アレルギーのある人は探してみてください。

 先日、ポテトチップスの袋にもグルテンフリーの文字を見かけました。ジャガイモにはグルテンが含まれていないはずなので、驚きです。私はグルテンアレルギーではありませんが、興味がわいて買ってしまいました。

 最近、私の周りではこんなジョークが人気になっています。ある若い女性がシリアルボールに白い粉をかけ、スプーンですくって食べています。友人がそれは何かと尋ねたところ、彼女はこう返答します。「砂糖よ。オーガニックでしかもグルテンフリー。体に良いから袋で持ち歩いて、どこでも食べているの」

スタントン治子(すたんとん・はるこ)

 神戸市生まれ。健康運動指導士、インド中央政府認定ヨガ教師、全米ヨガアライアンス250h、ピラティスPFA、シバナンダヨガ認定、ジャイロキネシス認定、パーソナルトレーナー。レヴァン(現ティップネス)のフィットネストレーナーなどを経て、1994年にパーソナルトレーニングを開始。ヨガやピラティスの講師や団体顧問トレーナーも務める。2013年、結婚を機に米国へ移住。現在は、マンハッタンのベッドタウンであるニューヨーク州ウエストチェスターでパーソナルトレーナーとして活動している。NHK総合の番組でジャイロキネシスの指導を依頼されるなど、メディア出演も多数。

関連トピックス