NY最新健康事情
2016年02月08日 06:00 公開

NYのスモール・フィットネスクラブ

 前回ご紹介したバレエエクササイズ「ネクストバー(Nextbarre)」は、レッスン中の写真撮影やプログラムの公表がNGなため、詳しい内容をご紹介できませんでした。ただ、こうしたバレエエクササイズはずいぶん前から日本にも上陸しており、今はエクササイズの内容も成熟してきて、それを教える質の高い指導者も充実しています。書籍はもちろん、ネット上では無料動画もたくさん公開されているので、興味のある方はぜひ実践してみてください。とてもおすすめのエクササイズです。

渡された鍵で24時間いつでも利用可

 さて、私の住むニューヨーク(NY)ウエストチェスターでは最近、小さなフィットネスクラブが次々にオープンしています。プログラムとしては「ヨガ」、「クロスフィット(サーキットトレーニング)」、「ケトルベル(ダンベルの原型)」(関連記事)、「ローイングマシン」(コンセントがなく、動かし始めると発電するタイプ)がポピュラーですが、どのクラブもさまざまな工夫がなされています。

 例えば、入会時に15ドル(約1,700円)を払うと、施設の鍵を渡してくれるフィットネスクラブ。チェーン展開しているこのクラブは、どの店舗でも自分の鍵で開けて24時間いつでも使うことができます。

 また、あるフィットネスクラブは、入り口がどこにあるか分からないくらい閉鎖的な雰囲気ですが、夜はDJの音楽で健康的に盛り上がれる場所になっています。そのほか、倉庫のような場所で「クロスフィット」というサーキットトレーニングが早朝から行われているクラブもあります。

 スモール・フィットネスクラブといえども、どの施設もトレーナーのクオリティーが高いと感じます。トレーナーとしての真価は、逆にこうした小さな施設ほど発揮できるのです。自信のある日本のトレーナーの方、ぜひNYに来てください。活躍できる場所がたくさんありますよ!

スタントン治子(すたんとん・はるこ)

 神戸市生まれ。健康運動指導士、インド中央政府認定ヨガ教師、全米ヨガアライアンス250h、ピラティスPFA、シバナンダヨガ認定、ジャイロキネシス認定、パーソナルトレーナー。レヴァン(現ティップネス)のフィットネストレーナーなどを経て、1994年にパーソナルトレーニングを開始。ヨガやピラティスの講師や団体顧問トレーナーも務める。2013年、結婚を機に米国へ移住。現在は、マンハッタンのベッドタウンであるニューヨーク州ウエストチェスターでパーソナルトレーナーとして活動している。NHK総合の番組でジャイロキネシスの指導を依頼されるなど、メディア出演も多数。