2016年03月15日 15:00 公開

味噌で血圧が下がる? 減塩味噌は「勧められない」

広島大教授―3月12日放送BSフジ「華大の知りたい!サタデー」より

 味噌(みそ)は塩分が多いことから、血圧が気になる人は味噌汁を避けたり、減塩味噌に切り替えたりする場合が多いとされている。しかし、味噌で血圧が下がるという驚きの効果が、3月12日放送のBSフジ情報バラエティー番組「華大の知りたい!サタデー」で紹介された。広島大学の渡邊敦光名誉教授(放射線生物学)によると、味噌は味噌でも熟成味噌に血圧を下げる成分が含まれているという。さらに「減塩味噌は勧められない」としている。

熟成味噌には降圧成分が豊富

 味噌は塩分が多いとされているが、実は、味噌汁1杯の塩分(1.2グラム)はカップ麺1杯(4.8グラム)や梅干し1個(2.2グラム)よりも少ないという。

 番組で紹介された渡邊名誉教授らの実験によると、同じ塩分量の食塩が入った餌と熟成味噌が入った餌を与え続けたラット(ネズミ)で比較したところ、食塩が入った餌を食べたラットは血圧が上昇し続けたのに対し、醸造味噌が入った餌を食べたラットの血圧は安定どころか若干下がる傾向にあったという。

 味噌は熟成するに従って色が濃く変化していくが、それは熟成の過程で「メラノイジン」と呼ばれる褐色の成分が発生するため。このメラノイジンには、血圧を上げるホルモンの働きを妨げ、血糖値を下げる働きがあることが分かったのだとか。ほかにも、「トラゾリン」や「エプレレノン」「ピロカルピン」など、血圧を下げる作用のある物質が多く含まれているそうだ。

 熟成は6カ月から2年以内が最適で、スーパーマーケットなどで買い求める時は「天然醸造」「長期熟成」などと表示されている、色の濃い味噌が良いとのこと。一方で渡邊名誉教授は、減塩味噌はお勧めできないとクギを刺す。減塩だからと安心して食べ過ぎ、メタボリックシンドロームになる危険が高くなるというのだ。

 次回、3月19日の放送では、最近話題の筋膜にスポットを当て、現代型肩凝りの原因ともいわれている筋膜のよじれを解消する筋膜リリースについて紹介するという。

(萩原忠久)

関連リンク(外部サイト)