2016年06月15日 12:04 公開

世界初! スマホによる肩凝りをスマホで解消―ヤフー

動画の「教官」を追いかけるだけで自然にストレッチ

 スマートフォン(スマホ)が原因の肩凝りをスマホで解消する、という画期的な動画「Yahoo!スマートストレッチ360」をヤフーが6月15日、公開した。360度動画を活用し、画面上の「教官」の動きを追いかけるだけで自然に体をストレッチできるというもの。同社によると「スマホで肩凝りを解消する世界初の試み」という。動画は2分程度で、オフィスや自宅でも気軽にストレッチを取り入れられそうだ。

専門家が監修! ストレートネックも和らげる

 内閣府発表の消費動向調査によると、スマホを保有する世帯の割合は67.4%(2016年3月31日時点)と前年に比べて6.8ポイント上昇しており、利用者は年々増加しているという。一方、書籍「スマホうつ」の著者で川井筋系帯療法治療センター(本部=東京都渋谷区)の川井太郎院長は「長時間のスマホ操作に伴い慢性的なうつむき姿勢となることで、首の生理的なカーブが失われる『ストレートネック』や肩凝りで悩む人が増えている」と指摘する。今回、公開された動画は、こうした悩みを和らげることを目的に制作された。なお、内容は帝京大学医療技術学部専任講師でNPO法人日本ストレッチング協会理事長の長畑芳仁氏が監修したという。

編集部員も挑戦! オフィスでハイテンション「教官」とストレッチ

 そのストレッチ効果を試すべく、さっそく編集部・小島が挑戦してみた。動画は「Follow me, OK? Let's go! (俺についてこい! 行くよ!)」という「教官」のハイテンションな掛け声とともに軽快な音楽が流れ始めた。両腕を伸ばしてスマホを正面に持った姿勢を保ち、教官の顔がスマホ画面の真ん中に来るように上下左右に追いかけながら上半身を動かす。画面上の教官の動きをマネるのではなく、動きを追いかけるというものなので、頭で考えなくても自然に肩や首がほぐれてくるのが分かる。

 ただ、オフィスの自分のデスクでいきなりストレッチを始めたところ、上司や同僚の視線を痛いほど感じた。周りの仕事の邪魔にならないよう、イヤホンで音楽を聴きながらのストレッチだったが、黙ってスマホを上下左右に動かす姿は奇異に映ったようだ。それではと一人で自宅で行ったが、今度は終わった後、少し寂しい気持ちに。どちらでやるか迷うところだが、いずれにしても肩首回りは楽になったような気がするのは確かだ。

 同社によると、「おもしろ動画でありながら、おふざけ動画ではない。内容はあくまでも専門家監修の真面目なストレッチ」とのこと。監修の長畑氏も「呼吸を積極的に誘導し、筋の収縮とリラックスを交互に繰り返すことで肩首へのストレッチ効果を獲得できる」と話す。スマホで肩凝りになったら、スマホで解消する―スマホの新しい使い方の一つになるかもしれない。

(あなたの健康百科編集部)

関連トピックス