2016年07月11日 06:00 公開

女性の2人に1人、「陰毛の全剃り経験あり」

米の産婦人科医らが調査

 米カリフォルニア大学サンフランシスコ校医学部の産婦人科や泌尿器科の医師らのチームが実施した調査から、米国人女性の8割が陰毛(アンダーヘア)を剃ったり整えたりといった何らかの処理をしており、全ての毛をなくす、いわゆる全剃りの経験者も半数を上回ることが明らかになった。また、アンダーヘアを処理している人の割合は「白人」「高学歴」「18~24歳」で特に高いことも分かったという。この調査結果は米医師会が発行する「JAMA Dermatology」(電子版)に掲載された。

処理の動機は「衛生的だから」がトップ

 近年、米国ではアンダーヘアを剃ったり、整えたりする女性が増えている。しかし、調査チームによるとアンダーヘアの処理、特にカミソリを使って剃る場合、けがをするリスクがあり、特に肥満の女性は処理中にけがをしやすいという。ただ、アンダーヘアを処理することで毛ジラミに感染するリスクは低くなるというメリットもあるという。

 今回、同チームは女性のアンダーヘア処理の実態を把握するため、米国在住の18~65歳の女性3,372人を対象にインターネット調査を実施。その結果、アンダーヘアを処理している女性は84%に上り、全く処理したことがない女性は16%にとどまることが分かったという。

 「(アンダーヘアの)どの部分を処理しているか」との質問に対しては、「恥骨上部」(74%)と膣の周囲(75%)が多かったが、「全てのアンダーヘアを除毛したことがある」と回答した女性も62%に上った。

 処理で使う器具は通常のカミソリが61%を占め、ハサミ(18%)、電気カミソリ(12%)が続いた。ワックスは4.6%、レーザー脱毛は0.7%のみだった。アンダーヘア処理の動機については、「衛生的だから」が59%と最も多く、「日常的なお手入れの一環として」(46%)「性器の魅力が増すと思うから」(32%)、「パートナーの好み」(21%)が続いた。また、「どんな場面に備えて処理するのか」という質問には「性行為に備えて」という回答が56%と最も多く、「休暇に備えて」(46%)、「医療機関の受診に備えて」(40%)が続いた。

性行為のタイプは関係せず

 さらに調査では、「18~24歳」「高学歴」「白人」の女性でアンダーヘアの処理をしている人の割合が高いことが分かった。ただ、アナルセックスやオーラルセックスといった性行為のタイプや頻度はアンダーヘアを処理するかどうかには関係していなかったという。

 この結果を踏まえ、同チームは「女性がアンダーヘアを処理する動機はさまざまで、文化的な背景や美的感覚の違いが反映されている可能性がある」と考察。また、「医療従事者はアンダーヘアの処理に伴うけがのリスクなどについてアドバイスを求められることもあるため、女性のアンダーヘア処理の実態を知っておくことは重要」としている。

(あなたの健康百科編集部)