ココナツオイルで2カ月間のダイエットに挑戦!

2016年09月15日 10:30 公開

ココナツオイルで2カ月間のダイエットに挑戦!

 「万能オイル」と噂のココナツオイル。ダイエットはもちろんそのほかにも効果的と脚光を浴びています。美容効果も期待できるのかモデルのミランダ・カーやモデルでタレントのローラらが愛用しているらしいという情報も。ダイエットの他に何にどんな効果があるのだろうか? 男性記者の私がココナツオイルを2カ月間にわたって試してみました。

ココナツオイルは健康的な油!?

 最初に小難しい話を。ココナツオイルがなぜ注目されるのか。その理由の一つは、トランス脂肪酸を含まないから。トランス脂肪酸はマーガリンなどに多く含まれ、肥満やアレルギー症状の悪化、動脈硬化、認知機能の低下などの一因になっているとされる不飽和脂肪酸の一種です。ポテトチップスやドーナツなど揚げ物を中心に多くの食品に添加されているという。アメリカでは、米食品医薬品局(FDA)が2018年までにトランス脂肪酸の食品添加を全廃することを発表しています。ココナツオイルはこのトランス脂肪酸を含まず、代わりに代謝の良い中鎖脂肪酸を含む健康的な油なのです。

 中鎖脂肪酸は消化吸収に優れ、体内に蓄積されず、エネルギー分解されやすい。おまけに、消化スピードがトランス脂肪酸を含む長鎖脂肪酸よりも約4倍早く、長鎖脂肪酸の酸化燃焼もサポートし、体脂肪が付きにくくなるという。そのため「ダイエットにいい!」と世の女性たちの購買意欲をかき立てたのです。

 世間でいわれているココナツオイルの効用は、ダイエット効果(肥満予防)、コレステロール値の低下、糖尿病予防、心臓血管病のリスク低下、便秘、免疫力向上、認知症予防、甲状腺機能改善、アトピーなど皮膚炎の改善など。とにかく盛りだくさん。

「RBD」表記に注意して購入を

 ココナツオイルと名前が付けば何でもいいかというと、そうではありません。ココナツオイルは大きく分けて、「RBDココナツオイル」「バージンココナツオイル」「エキストラバージンココナツオイル」の3つがあります。注意したいのが、「RBD」と表記があるもの。これは「精製(refining)、漂白(deodorizing)、除去(bleaching)」したことを示します。つまり、ココナツオイルを化学的な処理のもと抽出・調整したことを意味し、保存料など化学物質を含むことが多いのです。

 一方、「バージン」と記されたものは化学的な処理を施してない天然物。それに「エキストラ」の表記が付けば、香りが良く酸化していない高級品となります。できるだけ、自然由来の体に良いものでできているバージンココナツオイル以上のものを摂取したいですね。

覚悟を決めて2カ月をスタート

 今回は、Amazonでベストセラー1位のものを購入。注文して翌日に届きました(都内在住)。いや、早過ぎてビックリ。仕方ないので、覚悟を決めてとにかくこの2カ月、体重66キロの体で効果のほどを試してみました。

 手始めにコーヒーに小さじ一杯分のココナツオイルを投入。沸騰したお湯の熱にすぐ溶けて跡形もなくなり、透明な膜が......かすかにココナツの香りも漂います。飲むと唇がココナツオイルでプルプルになります。これも美容効果の一つか? ちなみに、エキストラバージンココナツオイルはビタミンEも豊富で、保湿クリームとして直接肌に塗るのもオススメ。リンパマッサージにも活用できるそうです(肌に使用する前には必ずパッチテストを)。

 ただし私は、1日に5杯も7杯も飲むコーヒー愛飲者です。毎回コーヒーにココナツオイルを投入し続けた日の真夜中、寝ていたら不意に目覚めてしまいました。

 う、う......ちょっと気持ち悪い。

 完全に私の落ち度なのですが、同商品の説明にちゃんと「2~6歳のお子様 : 毎朝小さじ2杯」「7~12歳のお子様 : 毎朝小さじ4杯」「成人の方 : 毎朝サプリメントとして大さじ2~4杯」と記載がありました。いくらココナツオイルが健康に良いといえども、摂取のし過ぎには要注意。それ以来、コーヒーに投入する量を小さじ半分にしたところ、胃腸の違和感が消えました。ジュースやヨーグルトに混ぜてもよいかもしれません。体調に応じて、自身に合った適度な量を摂取してみるのがよいようです。

これなら続けられそう!

 今度はクッキングオイルとして使ってみることに。油と一口に言っても、サラダ油、オリーブ油、ゴマ油、ネギ油......と色々ありますが、2カ月間はココナツオイルだけを使用しました。

 まず作ってみたのは、ごく普通のカレー。肉を炒めるためにココナツオイルを使用し、ジャガイモやタマネギ、カレールーやその他調味料を入れるとココナツオイルの香りもほぼなくなりました。

 こんな調子でみそ汁、けんちん汁、サラダ(ドレッシングとして使用)、チャーハン、ラーメン、野菜炒め、麻婆豆腐、シチュー、カルボナーラ、トマトスパゲティ、ペペロンチーノ、鶏の唐揚げ......などなど。汁物・パスタ・炒め物・揚げ物でも何でも油を使う料理には抵抗感なく使えます(揚げ物だけは中鎖脂肪酸入りの植物油に2割ほど混ぜて使いました)。ココナツの独特の香りも気にならないし、これなら続けられそう!

2カ月ココナツオイル生活の結果は...

 約2カ月使ってみた感想。まず、便通が良くなった。ココナツオイルは食物繊維やミネラルも含んでいて、腸内環境にも優しいとされています。使用後1カ月でおなかの脂肪が少し取れ、引き締まった感じが...(あくまで個人的意見です)。体重計に乗ってみると、なんと2キロのダイエットに成功! 便秘に悩む人ならもっと効果的なのかもしれません。

 もう一つ感じたのは、今後も続けて使えそうだということ。クッキングオイルとして使用でき、調理に使えば特有の香りも気にならなくなりました。

 ココナツオイルには他にも、今回紹介しきれなかったほど使い方や効能がたくさんあります。興味がある人は、自分のライフスタイルや悩みに合わせて一度お試しあれ。

(文・写真/蒼木学)