2016年10月03日 17:00 公開

「今週の健康番組」危険な"血糖値スパイク"に注目!

10月3~9日のTVプログラムを先取り

 健康診断の結果、A~B判定―ほっと胸をなで下ろす人も多いと思いますが、一見して「正常」とされる人の中に、放っておくと怖い"万病の種"が潜んでいることが分かってきています。「NHKスペシャル」(10月8日19:30=NHK)では、食後に血糖値が急上昇し、その後に急降下という"血糖値スパイク"(グルコーススパイク、ブドウ糖スパイク)に注目。放置すると動脈硬化が進行し、脳卒中や心臓病などを引き起こすとされてる症状で、すでに1,000万人規模の日本人に生じていながら、健康診断の数値では判断できないとされています。食後に眠さやだるさを感じる人は要注意とのこと。

 最近、ジカ熱やデング熱などの感染症が世界で流行していますが、すでに過去の病気だと思われている感染症が日本で深く静かに流行しているのをご存じでしょうか? それが、麻疹(ましん=はしか)や結核、梅毒などの"再興感染症"です。体に不調を感じて診察を受けたところ、実は結核だったと分かることも多いとか。今週の「クローズアップ現代+」(10月4日22:00=NHK)では、近年増えているという、こうした再興感染症を特集。感染拡大の意外な原因を探り、身を守るための対策も紹介されるそうです。

 卓越した技術で病や怪我で苦しむ人々を救う"スーパードクター"は、全国各地にいます。「VSスーパードクター2016秋」(10月7日23:15=テレビ朝日系)では、脳神経外科、救命救急センター、消化器外科の女性医師3人が登場。命を救う最新医療の現場に完全密着し、名医中の名医が奮闘する姿に迫ります。また、今年6月に地上波で放送された「スーパードクターズ~すべては患者のために~」(10月4日21:00=BS-TBS)の再放送にも注目です。

関連トピックス