意外と使える100均のシェイプアップグッズ

2017年01月13日 10:30 公開

意外と使える100均のシェイプアップグッズ

巨漢ライターが紹介

 世の中にはシェイプアップグッズがあふれているが、それなりに値が張ってしまうものが多い。使ってみたいけど三日坊主になったら大損だし...と二の足を踏み、シェイプアップ自体に取り組めない人もいるのでは? そんな中、100均こと100円ショップで売っているシェイプアップグッズが、そのお手軽さからひそかに注目を浴びているという。果たしてそれはどんなものなのか、業界屈指の巨漢ライターが実際に買って試してみた。

作りは粗いが実用性は十分

 日用品からコアな商品まで、さまざまなものを安価で提供してくれる100円ショップ。今回注目するのはシェイプアップグッズだ。早速、自宅近くの100円ショップ「ダイソー」に赴いたところ、ラインアップは意外と豊富。今回は下の品々を入手した。全てダイソーオリジナルだ。

 まずはダンベル。コーティングのゴムが若干粗いものの、大きな問題ではない。重量が1キロでなので筋トレに使う分には不十分だが、ウオーキングのお供に持ちながら歩くなど、補助的に使う分には悪くないだろう。ちなみに、1キロのダンベルはネット通販で300~1,300円ほどで販売されている。

 続いて縄跳び。いかにも子供向けの作りではあるが、実用には十分に耐え得る。普通に飛んでみたり、子供の頃を思い出しながら、あや跳びや二重跳びをやってみるのも楽しい。ネット通販での価格帯は200~1,000円程度が中心だが、81円で販売しているところもあった。

 お次はエクササイズストレッチャー(トレーニング用チューブ)。こちらは、ゴムに持ち手が付いているだけというシンプルな作りだ。最初はゴムが切れそうな感じがしてちょっと怖いが、ある程度力強く引っ張っても問題がなさそうだった。手で引っ張る、足に絡ませて引っ張るなど、さまざまな使い方ができた。

 ハンドグリップ。おなじみの、握力を鍛えるアレである。こちらは25キロという思ったよりも高い負荷まで販売していた。テレビを見ながら、散歩をしながら、片手間に握り続けることで、シェイプアップも可能だろう......多分。

 そして卓球セット。卓球のラケットとボールがセットになっているものだ。ネットも台も付属していないのでこのまま卓球はできないが、自宅で一人、テーブルを使った壁打ちを試みたところ、難なくこなせた。微妙なところだが、シェイプアップグッズに認定してもよいのではないだろうか。

ちょっと高級なグッズも

 ここからは、100均なのに100円ではなかったちょっと高級な品々を紹介する。まずはリストウエート250グラム(150円)。手首に巻くタイプの重りであり、ウオーキングやランニングのお供だけでなく、日常生活に無理のない負荷をかけるといった使い方ができそうだ。ネット通販での中心価格帯は1,500~2,500円程度だが、2個組での価格だ。

 次は、ダイエットスリッパ(200円)。一時期話題になった、かかとが浮く短いスリッパを履くことで自然と爪先立ちになり、腹筋、背筋、ふくらはぎなどが鍛えられ、シェイプアップ効果をもたらしてくれる―というものだ。試しに履いてみたのだが、女性向けサイズの上に筆者は幅広の足のためにサイズが合わず、小指を出した状態で履くことになってしまった。一応それでも歩くことは可能であり、爪先先立ちの効果も十分に実感できたので機能的には問題ないかもしれない。ネット通販の中心価格帯は500~2,000円程度。

 最後はフィットネスボール(500円)。いわゆるバランスボールの小型のもので、使い方も同じように座ったり、仰向けににもたれて腹筋トレーニングをしたりなど、バランスボールと同じように使える。

 実際に使ってみると強度に問題はないが、表面の作りが雑で、座ったりもたれたりと、自分の体を預けるには少々不安を抱いてしまう。ただ、値段のことを考えると仕方ないのかもしれない。ちなみに、ネット通販では1,000円以上が多いが、1,000円未満の商品を販売しているところも少なくない。

 以上、7点で1,250円(税別)。普通にそろえようとすると7,000円ほどかかる計算なので、格安といって差し支えないだろう。ダイエットやシェイプアップに挑戦したい人は、まずはここから試してみてもよいかもしれない。

(文・写真/阿左美賢治)