2017年01月24日 06:00 公開

妊活時は要注意! 胃潰瘍薬が精子に悪影響?

オランダからの研究報告

 妊娠するために体を整えたり、食べ物や飲み物に気をつけたり、健康に留意したりすることは、何も女性だけの問題ではない。男性にも体に気を遣って、女性中心になりがちな「妊活」に力を発揮してもらいたいが、このたび、胃潰瘍治療薬の1つであるプロトポンプ阻害薬(PPI)が精子の質に影響を及ぼすとする研究結果が、オランダのグループにより医学誌「Fertil Steril」(2016; 106: 1666-1672)に発表された。

薬服用で総精子数100万以下のリスクが約3倍に

 PPIは胃・十二指腸潰瘍の治療に使われ、胃酸分泌刺激を抑える働きがある治療薬で多くの医療機関で処方されている。PPIを使用すると胃・十二指腸潰瘍の90%以上が8週以内に治ることが多く、症状の改善や治すスピードもH2ブロッカーよりさらに早くなったという。

 同グループは、1996〜2013年のオランダのデータベース(一般診療所720施設の患者約150万人の医療記録を登録)のデータを用いて、妊娠を計画しているカップルの若年男性で精液検査を受けた2,473人のうち総精子数(TMSC)100万以下の241人を対象とし、TMSC 100万超の対照714例との間でPPIの使用とTMSCとの関係を検討した。

 年齢とPPI以外の他の薬剤使用を調整した結果、精液検査前6〜12カ月間のPPI使用は低TMSCのリスクが2.96倍と高くなっていた。同検査前6カ月以内のPPI使用は低TMSCと有意な関係はなかったという。妊活中の男性には、薬の使用にも注意する必要がありそうだ。

(あなたの健康百科編集部)
 

関連トピックス