2017年03月07日 06:00 公開

ブロッコリースプラウトが肥満を改善

マウスの実験で明らかに

 最近、スーパーでもよく目にするようになったブロッコリーの新芽(ブロッコリースプラウト)。さまざまな効果が期待できるとして、健康を意識する人からの注目度は高い。この度、金沢大学医薬保健研究域の太田嗣人准教授をはじめとする共同研究グループが、ブロッコリースプラウトに多く含まれる「スルフォラファン」という成分に肥満を抑える効果があることを、マウスを用いた動物実験で突き止めた。研究の詳細は、2月17日発行の医学誌「Diabetes」(電子版)に掲載されている。

2つの新たな作用を発見

 ブロッコリースプラウトに多く含まれるスルフォラファンは、体内に取り込まれた化学物質の解毒や抗酸化力を高めることで、がんを予防する効果があるとされている。

 一方、過食や肥満により細胞内の酸化と還元のバランスが崩れると、さまざまな病気の発症につながってしまうことが、近年の研究から分かってきた。

 しかし、肥満に対するスルフォラファンの効果は明らかにされていない。

 そこでまず、研究グループは、スルフォラファンを混ぜた高脂肪の餌、またはスルフォラファンを混ぜていない高脂肪の餌をマウスに与え、それぞれの体重を比較した。

 すると、スルフォラファンを混ぜた餌を与えたマウスは、混ぜていない餌を与えたマウスに比べて、体重の増加が約15%抑えられた。また、内臓脂肪の量は約20%減少した。

 さらに研究を進めたところ、スルフォラファンの持つ2つの作用を新たに発見したという。1つは、スルフォラファンが、脂肪細胞の中にある「脱共役タンパク質1(UCP-1)」という分子を増加させ、エネルギー消費の増加と脂肪の燃焼をもたらす「脂肪細胞の褐色化」という現象を促進させるということ。

 2つ目は、スルフォラファンが、脂肪たっぷりの食事による腸内細菌叢の乱れを改善し、炎症を引き起こすとされる血液中の「内毒素」の濃度を低下させて、糖尿病などの生活習慣病につながりかねない脂肪組織や肝臓の慢性的な炎症を抑える作用を持つということだ。

 今回明らかにされたこれら2つの作用について、研究グループは、「脂肪組織や肝臓の炎症抑制、そして血糖値の上昇を招くインスリン抵抗性(インスリンの効きが悪い状態)の改善により、生活習慣病の予防につながる波及効果が期待できる」とコメントしている。さらに、「今後は、人での効果や安全性を検証するため、研究を進めていきたい」と述べるとともに、エネルギー消費を増加させ、腸内環境を改善する機能性食品としてのスルフォラファンの新たな役割に期待を寄せた。

(あなたの健康百科編集部)

関連トピックス