2017年04月11日 06:00 公開

アーモンドミルク、知っているけど誤解も

 米国を中心にスーパーフードとして注目されているアーモンドをベースにした「アーモンドミルク」は、水に浸したアーモンドをミキサーなどで細かく砕き、こして絞った飲み物だ。美や健康への意識が高い人の間では、すでに注目度が高まっているようだ。このたびアーモンドミルク研究会が、首都圏に住む女性を対象にアーモンドミルクに関するアンケートを行い、その調査結果を発表した。それによると、アーモンドミルクの認知率は高いが、正しく理解している人は意外に少なかった。

8割超が誤解

 同研究会は、首都圏在住の20~50歳代の女性600人を対象に、インターネットによる調査を実施したところ、78.9%がアーモンドミルクを「知っている」と回答。多くの女性に注目されていることがうかがえた。

 続いて、「知っている」と答えた人に、アーモンドミルクに関する○×形式のクイズ(5問)を行った。すると、39.5%の人が「アーモンドミルクには牛乳が使用されている」と誤った回答をした。白色のため乳製品と誤解されるようだが、実際には牛乳は使われていない。

 また、「アーモンドミルクは、牛乳よりもカロリーは高い」と間違えて答えた人が36.0%だった。アーモンドの実は高カロリーという印象があるせいか、牛乳よりも高カロリーであると誤解する人がいるようだ。

 5つの質問すべてに正解したのは13.5%にとどまった。つまり、86.5%の人がアーモンドミルクについて知っていると思っていても、実は正しく理解していないことが判明したという。

 慶應義塾大学の井上浩義教授は、「アーモンドにはビタミンE、オレイン酸、食物繊維、ミネラルなどの栄養成分が豊富に含まれている」と説明。今回の調査結果については、「アーモンドミルクに関して誤った認識があることが分かった」とし、「正しい情報が得られれば、美や健康に役立てることができるはずだ」とコメントしている。

(あなたの健康百科編集部)

関連リンク(外部サイト)

  • アーモンドミルク研究会