2017年05月18日 06:00 公開

痛みがない大人の虫歯にご注意を!

年齢を重ねると虫歯に気付きにくくなるという事実

 歯が痛いと想像以上に生活しにくいものだ。痛いと慌てて歯科医院に行ったり、予約を取ったりするが、特に痛くもない場合、歯科にはなるべく近寄りたくないのが心情だ。しかし、年齢を重ねると自覚のない虫歯が増えるという。サンスターグループでは、一般企業などで実施している産業歯科検診の受診者38,476人(20~69歳の男女)にアンケートを行い「大人の虫歯」の実態をまとめた。

虫歯があっても気付かない人が40歳代から急増

 厚生労働省歯科疾患実態調査(平成23年)によると、子ども(5歳以上10歳未満)で虫歯を持つ割合は10%であり、20歳以上80歳未満では80%以上に上った。過去の調査と比較すると、5 歳以上 25 歳未満では虫歯は減少する傾向にあるが、45 歳以上では、増加している。

 年齢を重ねると、初回の虫歯治療後の詰め物の隙間に虫歯菌が入り込むことによって再発を引き起こす「二次う蝕(再発虫歯)」や、加齢や歯周病によって歯茎が下がり、歯の根元の象牙質が露出することで歯の根元にできる「根面う蝕(根元虫歯)」が生じる。こうした虫歯を「大人虫歯」とした。

 今回の調査では、虫歯のある74%の人が「歯が痛む」「しみる」とは感じていないことが分かり、年齢を重ねると虫歯に気付きにくくなるという傾向が明らかになった。

 また、虫歯を自覚していない人の割合を年代別に見てみると、20代の約68%から40代になると約76%に増加しており、40代を境に症状を自覚しにくくなる傾向があることが分かったという。

 サンスター財団の鈴木秀典先生によると「二次う蝕は数回に渡る治療により神経を取り除いた歯である確率が高く、痛みを感じにくい虫歯です。また、根面う蝕は歯茎が下がって露出した歯根に発症するため、ある程度、高齢の方に特有。虫歯の深さの割には痛みを感じにくい特徴がある」という。

 予防するためには、「定期的に歯科院を受診し、検診とともに歯のクリーニングやフッ素塗布などのケアを受けること」に加えて、「家庭におけるフッ素入りハミガキ剤やフッ素入り洗口剤の活用」を勧める。

(あなたの健康百科編集部)

関連トピックス