2017年08月07日 06:00 公開

青魚は1型糖尿病にもよさそう

 糖尿病というと、食べ過ぎや飲み過ぎ、喫煙など生活習慣の乱れと関係が深いとされる2型糖尿病を指すことがほとんどだ。それに対し1型糖尿病は、生活習慣とは関係なく発症し、子どもや若年層に多いのが特徴だ。このたび、青魚などに含まれるオメガ3脂肪酸が、1型糖尿病患者に起こる手足の感覚異常などの神経障害を改善する可能性があることが、カナダのトロント大学が行った研究で明らかになった。詳細は、6月13日発行の医学誌「Neurology」(2017;88:2294-2301)に掲載されている。

オメガ3脂肪酸の投与後に角膜の神経線維が伸長

 糖尿病の合併症として起こる神経障害は、しばしば自覚症状がないまま進行してしまう。すると、例えば足の傷に気付かずに、そこから細菌に感染して細胞が壊死してしまい、切断を余儀なくされるケースがある。そうした最悪の事態を防ぐには、神経障害の早期の発見と適切な治療が大切だ。

 今回、研究グループは、1型糖尿病患者の感覚神経や運動神経が障害されて起こる多発性神経障害が、オメガ3脂肪酸の補充によって改善されるかについて検討するため、1型糖尿病患者40人を対象とした試験を実施した。

 対象となった40人のうち、女性は53%だった。平均年齢は48歳、体格指数(BMI)は平均28.1、1型糖尿病を患っている期間は平均で27年だった。

 対象者全員が、オメガ3脂肪酸のサプリメントを1日当たり10mL服用した。サプリメントには、エイコサペンタエン酸(EPA)750mg、ドコサペンタエン酸(DPA)560 mg、ドコサヘキサエン酸(DHA)1,020 mgが含まれていた。1年間服用を継続し、糖尿病に伴って起こる多発性神経障害の状態を調べた。

 その結果、糖尿病性の感覚神経・運動神経の障害による多発性神経障害と診断されたのは40人中23人だった。また、神経障害を起こした1型糖尿病患者で短縮するとされる角膜の神経線維の長さが、開始時は平均8.3mm/mm2だったのに対し、1年間のオメガ3脂肪酸サプリメントの服用後には平均10.1mm/mm2と29%伸長した。

 その一方で、神経伝導や知覚機能には変化が見られなかったという。

 オメガ3脂肪酸は体内でつくり出すことができない。オメガ3脂肪酸を多く含む食品やサプリメントで、意識的に摂取するよう心がけるといいかもしれない。

(あなたの健康百科編集部)