2017年10月05日 06:00 公開

「前糖尿病」ではありませんか?

4つの生活習慣の見直しで「正常」に戻れる

 あなたは「前糖尿病」ではありませんか?前糖尿病とは2型糖尿病の前段階とも言える状態で、放置しておくと糖尿病になる可能性が高い。逆に言うと、前糖尿病の段階で生活習慣の見直しを行うと、糖尿病の発症を防止できるだけでなく、「正常」に戻ることも可能だ。米国では現在、一般の人々向けに前糖尿病を知ってもらうためのキャンペーンを展開しており、米国糖尿病学会の公式サイトでは、1分で前糖尿病のリスク判定ができる簡易テストを紹介している。

米国成人の3人に1人が前糖尿病

「前糖尿病」とは米国で提唱されている概念で、血糖レベルが正常と糖尿病の中間に位置する状態。おもにHbA1cと空腹時血糖で判定される()。日本の診断基準では、類似した概念として「境界型」がである。

表. 正常、前糖尿病、糖尿病の血糖区分

正常 前糖尿病 糖尿病
HbA1c(%) 5.7未満 5.7~6.4 6.5以上
空腹時血糖値(mg/dL) 100未満 100~125 126以上

 米国糖尿病学会によると、米国成人の3人に1人が前糖尿病であるにもかかわらず、そのうちの10%しか自分が前糖尿病であることを自覚していない。放置すると数年以内に糖尿病を発症する可能性が高いだけでなく、脳卒中や心臓病の危険にもさらされる。ただし、前糖尿病の段階で生活習慣の見直しを行うと、糖尿病の発症を予防または遅らせることができるだけでなく、正常人と同じ血糖状態に戻ることも可能だ。同学会の公式サイトでは、そのために有効な4つの対策を勧めている。

①体重を5~7%減量し、それを維持する
②週150分以上の軽い有酸素運動を行う
③健康的な食事をする(夕食に1品以上のサラダを食べるなど)
④禁煙する

1分で「前糖尿病」のリスクを判定

 前糖尿病の正確な診断には採血が必要だが、同学会の公式サイトではリスク判定のための簡易テストを紹介している。①性別②近親者の糖尿病の有無③高血圧の有無④年齢⑤人種⑥身体活動度⑦身長・体重―に関する7つの質問項目をチェックするだけで、前糖尿病のリスクを判定してくれる。簡単な英語で記述されており、1分程度ですむ。

https://doihaveprediabetes.org/prediabetes-risk-test.html

 ただし、糖尿病の診断やそのリスク判定には医師の判断が必要だ。簡易テストは医療機関を受診するための動機づくりと考えてほしい。

(あなたの健康百科編集部)