2017年11月17日 06:00 公開

糖尿病男性の半数がEDに?

 糖尿病は、進行すると失明や人工透析、足の切断といった恐ろしい事態を招く病気だ。確かにこうした合併症の怖さは意識しなければならないが、男性患者にとっては「男性力」への影響も気になるところではないだろうか。この度、欧州を中心とする研究グループが、糖尿病の男性では半数以上に勃起不全(ED)があり、その頻度は健康な男性の約3.5倍に上るとの研究結果を報告した。詳細は、9月発行の医学誌「Diabetic Medicine」(2017;34:1185-1192)に掲載されている。

糖尿病患者の52%がEDと推算

 糖尿病患者においてEDがよく見られるが、その頻度は不明である。今回、研究グループは、糖尿病患者におけるEDの相対的な有病率を明らかにするため、2016年11月までに報告された1型および2型糖尿病患者のEDに関する研究から145件を抽出し、統合的に解析した。

 145件のうち、アジアでの研究が61件と最も多く、次いで欧州が48件、北米が17件、アフリカが15件となっていた。対象となった男性患者は合計8万8,577人で、平均年齢は55.8歳だった。

 糖尿病の男性患者におけるEDの有病率は35~80%と、研究間の差が大きかった。それは、糖尿病の合併症についてのデータがないなど、各研究間でデータの偏りがあることも要因だという。そこで、それらの偏りを調整し、糖尿病患者におけるEDの有病率を算出したところ、全体で52.5%と推定された。

1型よりも2型糖尿病でより高率に

 EDの有病率は地域によっても違いがあり、南米、オセアニア、アフリカでは71~75%弱と高く、アジアで67.0%、欧州で53.6%、北米で34.5%となっていた。病型別のED有病率は、1型に比べて2型で有意に高かった。推計では、1型のみ(12件)、2型のみ(70件)のED有病率は、それぞれ37.5%、66.3%だった。

 糖尿病患者と健康な男性を比較した研究は8件あり、糖尿病によりEDのリスクが3.62倍に上昇することが示された。

 研究グループは、「EDの男性は、心血管系の病気を発症するリスクや、それによって死に至るリスクが高い。糖尿病の男性患者に対するEDのスクリーニングが、心血管系の病気のリスク評価にもつながるだろう」とコメントしている。

(あなたの健康百科編集部)