2014年05月22日 公開

生卵もつかめる! セグウェイ開発者の義手、米国で販売へ

コインをつかむDEKA Arm<br />
(DARPA公式サイトより)
コインをつかむDEKA Arm
(DARPA公式サイトより)

 手を失った人にとって義手は大切な存在だが、手先が動く「能動義手」でも細かい作業はしにくい。こうした中、繊細な動きができる義手「DEKA Arm System」が米国で医療機器としての販売を認可された。米国防高等研究計画局(DARPA)の資金援助を受けて米開発会社DEKAが開発したもので、生卵やコインもつかめるという。開発したのは、電動立ち乗り二輪車「セグウェイ」を生み出した発明家のDean Kamen氏だ。

9割で日常生活の動作が可能に

 義手には、外観を重視した「装飾用義手」、肘や肩など体の動きで手の機能を再現する「能動義手」、さまざまな作業に特化した「作業用義手」が一般的だが、いずれも細かい作業をするのは困難だ。

 「DEKA Arm System」は、筋肉を動かす際に脳から出る弱い電気信号(表面筋電位)を読み取って操作する「筋電義手」に分類される。脚に装着したセンサーが脳からの電気信号を受けて無線信号を発信、多数の関節を同時に動かすことを可能にした。重さは大人の腕と同程度に抑えたとしている。

 今回の販売承認の前に退役軍人36人がこの義手を使ったところ、約9割が普段の生活で行う身の回りのこと――例えば鍵の開け閉めや食事の準備、自分で食事を取る、ファスナーを閉める、髪をとかす・まとめるといった、これまでの義手ではできなかった動作できたという。

 DEKA社やDARPAの公式サイトでは、実際にこの義手でブドウやコインをつかんでいる写真のほか、生卵を容器に移し替える動画が掲載されている。

 なお、この義手は肩や上腕を切断した人が対象で、肘や手の関節を切断した人では使えないという。

開発コードネームは『スター・ウォーズ』に由来

 開発者のKamen氏はセグウェイの開発で脚光を浴びた発明家だが、輸液ポンプ「AutoSyringe」や携帯人工透析システム「HomeChoice」、安価な浄水システム「Slingshot」、荒れ地も走行できる電動車椅子「iBOT」なども開発。さらに、学生の科学技術への関心を高めるべく、ロボット競技会を開催する組織「FIRST(For Inspiration and Recognition of Science and Technology)」を設立した。

 ちなみに、開発時にセグウェイが「Ginger(ジンジャー)」、iBOTが「Fred(フレッド)」と呼ばれていたように、DEKA Arm SystemもDEKA社内では「Luke(ルーク)」の愛称で親しまれていた。これは、映画『スター・ウォーズ』シリーズに登場する義手の主人公、ルーク・スカイウォーカーから取ったという。

(編集部)

関連リンク(外部サイト)