2014年12月10日 06:00 公開

目薬に「初音ミク」の右目、ロートから限定発売

2人のイラストレーターがデザイン

 ロート製薬は12月3日、ブルーライトなどによる目のダメージに向けた目薬「ロート デジアイ」から、バーチャルアイドル・初音ミクの右目がデザインされたパッケージの限定商品を発売した。初音ミクの目パッケージ(左目)はこれまでも発売されていたが、今回は柚希きひろさんと加速サトウさんの2人のイラストレーターによる描き下ろしデザインが施されている。また、「冬」バージョンの初音ミク楽曲が見られるARライブも開催中だ。12ミリリットル入りで、価格は880円(税別)。

ARライブには「雪ミク」も登場

 「ロート デジアイ」は、長時間画面を見ることで引き起こされるブルーライトなどによる目の疲れ、炎症や充血などの症状を緩和するという目薬。ブルーライトは、パソコンやスマートフォンなどのLED液晶画面から出ている波長が380~495ナノメートル前後の青い光のことで、まぶしさやちらつきの原因となり、目の疲れなどを引き起こす原因といわれている。

 「ロートデジアイ」には、細胞角膜の組織代謝を促進し修復を促す成分「活性型ビタミンB2(フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム)」をはじめ、6種類の有効成分を全て基準内の最大濃度で配合しているという。

 新パッケージ2種はそれぞれ柚希きひろさん、加速サトウさんによる書き下ろしで、初音ミクの右目がデザインされている。初音ミクは、歌詞とメロディーを入力すると歌を歌わせることができる音声合成ソフト「初音ミク」(クリプトン・フューチャー・メディア)のキャラクター。バーチャルアイドルとしてさまざまな分野で活躍している。

 また、スマートフォンなどで画像など読み込むと見られるAR技術を使い、パッケージを読む込むと見られるARライブを開催。人気ボカロP(「初音ミク」のような音声合成ソフトの楽曲を作る人)のMitchie Mさんによる初音ミク・オリジナル楽曲「ぶれないアイで」の冬限定のアレンジや「雪ミク」が楽しめるという。詳しくは、特設サイトを参照。

(麻耶)

関連リンク(外部サイト)