2015年04月02日 公開

背もたれの指圧で心地よい刺激のオフィスチェア登場

ビーズ

 ビーズは、座りながら背中や腰の好きな位置に指圧ができるオフィスチェア「BH-81-F Knochen plus(クノッへンプラス)」を3月26日に発売した。デスクワークや長時間の作業で集中力が切れた時に背もたれに寄りかかると「指圧的アタッチメント」が指で押されたような感覚で刺激する。アタッチメントを外せば通常の椅子として使用も可能だ。価格は2万5,000円(税別)。

座りながら自分で指圧

 デスクワークに疲れた時に背中を指圧してもらうと、コリがほぐれてすっきりとした経験はないだろうか。独創的なアイデアを製品に反映する同社だが、今回は毎日長く座るオフィスチェアに座りながら手軽に気分転換ができる機能をプラスした。16個のアタッチメントはメッシュ状の背もたれの好みの位置にねじ式で簡単に装着が可能、取り付けた状態の背もたれに寄りかかると背中や腰への指圧効果が得られるという。

 背もたれは根元から折りたためるので、椅子を使用しない時は机の下などにコンパクトに収納が可能。アームレスト(肘かけ部)は跳ね上げ式で、用途に応じた使い分けができる。背もたれクッションは取り外しができるので、寒暖や固さを調整をしながら季節を問わずに使用が可能だ。

 リクライニングの可動角は15度、座面の高さは調整が可能でガスシリンダー式を採用。スタイリッシュなデザインで耐久性にもこだわっている。

 カラーはブラックのみ。サイズは68×65.5x93.5センチ。背もたれ折りたたみ時の高さは65センチで、座部の高さは42センチ(42~52センチ)。重さは17キロ、耐荷重は100キロ未満、組み立ては工具不要。

(編集部)

関連リンク(外部サイト)