2015年09月25日 公開

「童貞の反応で草食化いっそう確信」―性交経験率誤報めぐり

日本家族計画協会が考察

 今年1月、日本家族計画協会(東京都新宿区)が公表した「男性の性交経験率が5割を超える年齢は29歳」の調査結果は多くのメディアで報じられ、各所で若い男性の"草食化"を嘆く声が上がっていた(関連記事:草食化進みすぎで"絶食男子"? 性交経験50%超えは29歳)。しかし、それは集計ミスによるものであると判明し、再び世間の注目を浴びる事態となった(関連記事:「28歳までの性交経験率5割以下」は誤報―家族計画協会)。性交経験が5割を超える年齢は20歳に訂正されたのだが、男性ネットユーザーの中に湧いた怒りや絶望を観察した同協会家族計画研究センターの杉村由香理部長は「最初のデータ公表時から確信していた男性の"草食化"を、誤報訂正を機にますます強く確信した」と、8月29~30日に大津市で開かれた日本思春期学会の会合で報告した。

当初の報道に「ようやく時代が自分に追い付いてきた」

 日本家族計画協会は、2002年から2年ごとに日本人の性意識・性行動を調べる「男女の生活と意識に関する調査」を実施している。同協会は今年1月、2014年調査の結果として、男性の性交経験率が50%を超える年齢は29歳で、2008年調査の23歳に比べて6歳遅くなっていると報告、各メディアは「草食化が進行」と報じた。

 「29歳の半数近くが童貞」とのニュースに歓喜したのが男性ネットユーザーだった。「ようやく時代が自分に追い付いてきた」など、ネット掲示板には多くの"共感"が寄せられた。

「自分が童貞だと散々語ってしまった」、誤報訂正で炎上

 しかし、このデータは、回答者がアンケートに答えた時点での年齢で集計した誤ったものであることが判明。協会が集計し直したところ、男性の性交経験率が5割を超えるのは20歳だった。

 この"誤報"は多くのメディアに注目され、データ訂正後の調査結果が以前にも増す勢いで新聞・ネットを駆け巡った。その結果、ネット上には20歳代後半の男性とおぼしきユーザーらによる「絶望した」「自分が童貞だと散々語ってしまった」といった怒りのコメントがあふれた。

 集計方法の誤りは2002年の第1回調査からで、過去全ての調査結果も同じく訂正された。2014年の結果は、性交経験率が5割を超える年齢に関しては過去の結果とほとんど変わらなかったものの、7割を超える年齢は24歳で、2008年調査の21歳に対して3歳遅い結果となった。

 また、誤報に対する怒りのコメントの多くは新聞社などへの投書などではなく、インターネット上での書き込みだったことなどから、杉村部長は「SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などインターネットの利用が主流になってきている今日、コミュニケーションスキルの低下が初交年齢を上昇させる要因になっているのではないか」と分析した。

(あなたの健康百科編集部)

関連リンク(外部サイト)