2018年02月20日 13:06 公開

2月20日はアレルギーの日

 石坂公成・照子氏がIgE抗体を発見し、1966年2月20日に米国のアレルギー学会で発表したのを記念して、2月20日を日本アレルギー協会が1995年にアレルギーの日と制定し、その前後1週間(毎年2月17〜23日)をアレルギー週間としてさまざまな活動を行っている。

 アナフィラキシーはアレルギーの1つの型で、重篤なアレルギー反応が急速に全身に出現しショックで死亡することもある。原因は食物(鶏卵、牛乳、小麦、そば、ピーナツなど)、蜂毒(蜂刺され)、薬物(ペニシリン、アスピリンなど)、ラテックス(天然ゴム)などである。緊急性が高いアレルギー症状がある場合は、直ちにエピペン®(アドレナリン自己注射)を使用する。エピペン®の安全キャップを外し、大腿部前外側にエピペン®の先端を軽く当て、カチッと音がするまで強く押し当てそのまま5つ数えると筋注される。成人には0.3mg製剤を使用し、小児には体重に応じて0.15mg製剤または0.3mg製剤を使用する。安静にさせ、エピペン®を使用してから10〜15分後に症状の改善が見られない場合、別のエピペン®を使用する。同剤は一度注射すると再度使えない仕組みになっているので、同一製剤を二度使用しない。アナフィラキシーショックの既往がある患者には、エピペン®を常に携帯させ緊急時には自分で使用させる。

(あなたの健康百科編集部)