2018年05月18日 06:00 公開

精子のタウリン不足が不妊を招く?

 不妊の原因は、タウリンが不足しているせいかもしれない。精子はタウリンを吸収することによって、雌の生殖器内の低浸透圧環境に耐えている事実が、マウスによる実験で明らかにされた。筑波大学とコーネル大学の研究グループがFEBS J2018年3月31日オンライン版)で報告した。

精子はタウリンの吸収で運動性を保つ

 タウリンは、精巣の一部である精巣上体管内の液体に多く含まれているアミノ酸の一種。生殖機能を改善する効果があることなどで知られていたが、そのメカニズムは分かっていなかった。

 タウリンを作るのに重要な働きをしているのが、システインジオキシゲナーゼ(CDO)と呼ばれる代謝に関する酵素。CDOが欠けている雄のマウスで原因不明の不妊が起きることは、以前に報告されていたが、それがなぜなのか、今回の研究で明らかになった。

 研究の結果、マウスの精子は精巣内でCODによって作られたタウリンを吸収することにより、雌の生殖器道内に入った際の低浸透圧環境でも運動性を保っていると分かった。つまり、タウリンが不足すると、精子は運動障害を引き起こす可能性があり、受精するために、精子にはタウリンが必要であるということだ。

 この研究が、ヒトの不妊治療における新たな治療法の開発などにつながる可能性が期待される。

(あなたの健康百科)