2018年06月18日 06:00 公開

学校給食が思春期の肥満を減らす

 思春期の肥満は多くの国で増加し続けているが、日本では少ないことが知られている。東京大学大学院医学研究科公衆衛生学のグループは、学校給食が中学生男子の肥満を減らすとJournal of Public Health1(2018年6月5日オンライン版)に発表した。学校給食の実施率が上昇すると、肥満の割合が低下することを明らかにした研究は、これが初めてだという。

学校給食の実施率が10%増加すると過体重・肥満の割合が低下

 思春期の肥満は成人になってからの肥満や生活習慣病、さらには死亡率にも影響するといわれている。肥満率がもともと低い日本では、以前から給食が肥満の防止に役立っているのではないかと言われてきたが、これまで明らかにはされていなかった。

 そこで研究グループは、文部科学省が行っている学校給食実施状況等調査・学校保険統計調査の公表データを用いて、2006〜2015年の全国の中学校における給食実施率と過体重(基準体重から20%以上)、肥満(同30%以上)の生徒の割合との関連を調べた。

 県レベルの給食実施率が10%増加すると、翌年の過体重の男子の割合は0.37%(95%信頼区間 0.18〜0.56)、肥満の男子の割合は0.23%(同 0.10〜0.37)低下していた。

 一方、女子については過体重や肥満を減らす傾向は見られたものの、統計学的に有意な結果ではなかった。思春期の女子は体型を気にして食べる量がもともと少なく、給食による摂取カロリーの影響が小さい可能性があると考察している。

 研究グループは「給食が実際に思春期の過体重・肥満を減らすことを実証したのはこれが初めて。学校給食による適切な食事の提供は、グローバルな視点でも思春期の肥満を減らす有効な施策の1つと考えられる」と述べている。

 (あなたの健康百科編集部)