2018年10月02日 06:00 公開

妊娠期の貧血が子どもにも影響

 ちょっと貧血気味と言われたけれど、女性にはありがちだし仕方がないと放置していないだろうか。確かに貧血は女性に多く、日本人女性の約10人に1人が貧血であるとの調査結果もある。しかし、中国の研究グループから、女性の貧血に関する見逃せない研究結果が報告された。妊娠前または妊娠中に母親のヘモグロビン濃度が低いと、その子どもが3~5歳になった時点で貧血であるリスクが高くなるという。詳細は、8月17日発行の医学誌「European Journal of Clinical Nutrition」(オンライン版)に掲載されている。

妊娠中期のヘモグロビン濃度70~99g/Lで子のリスクは1.76倍に

 血液中のヘモグロビンには、全身に酸素を運ぶというきわめて重要な役目がある。ヘモグロビンが減少すると体が酸素不足に陥り、貧血となる。

 研究グループは、1993~96年に妊娠して出産した女性7万8,923人とその子どもを対象に、ヘモグロビン濃度と子どもの貧血リスクとの関連を調べた。母親のヘモグロビン濃度は、妊娠前と妊娠初期、中期、後期にそれぞれ測定し、子どもは3~5歳の時点で行った。

 その結果、妊娠期の母親のヘモグロビン濃度は、子どもの測定値と関連していた。子どもの貧血リスクは、妊娠中期のヘモグロビン濃度が130g/L以上の高値グループと比べ、70~99g/Lのグループで1.76倍、100~109g/Lのグループで1.45倍、110~119g/Lのグループでは1.18倍、それぞれ高かった。妊娠前、初期、後期においても同様に、母親の貧血が子どもの貧血リスクと関連していた。

(あなたの健康百科編集部)