2018年10月31日 06:00 公開

虫歯がないのに歯が痛む「非歯原性歯痛」

 歯の痛みの原因として多いのは、虫歯や歯周病をはじめとする歯科疾患だが、歯以外が原因の痛みがあることをご存じだろうか。歯が痛むにもかかわらず、歯には異常が見つからない場合に疑われるのが「非歯原性歯痛」だ。日本大学松戸歯学部口腔健康科学講座の小見山道教授は、日本私立歯科大学協会が10月23日に東京都で開いたプレスセミナーで講演し、非歯原性歯痛の原因や症状、治療法などについて解説した。

原因はさまざま、特定して治療を

 歯が痛むのに、歯自体に原因がない非歯原性歯痛。小見山教授によると、歯の痛みを訴えて歯科を受診した人の約3%が非歯原性歯痛で、9%は歯自体に原因がある歯原性歯痛と非歯原性歯痛の混合だといわれる。つまり、歯の痛みから歯科を訪れる人の数%は、この病気が疑われるということになる。
 非歯原性歯痛で歯を治療しても、痛み本来の原因を取り除くことにはならない。歯を削ったり、神経(歯髄)を取ったり、歯そのものを抜く抜歯などの不要な治療が行われてしまうと、痛みが解消されないばかりか、治療が長引き、患者に不満が残ることになる。

 日本口腔顔面痛学会のガイドラインでは、非歯原性歯痛の原因は8つに分類されている(表)。「原因で最も多いのは『筋・筋膜性歯痛』で、全体の6~7割を占めます」と小見山教授は説明する。これは、側頭筋や咬筋(こうきん)など、口の開閉やそしゃくを行う筋肉、首の筋肉の痛みが原因で起こる関連痛だ。痛みのある場所と、痛みの原因となっている場所とが一致しないものを関連痛と呼ぶ。
 痛みを生じやすいのは上下の奥歯。そして、最も大きな特徴は、筋肉中に"トリガーポイント"(圧迫すると痛みを感じる圧痛点)と呼ばれるしこりのようなものがあり、ここを指などで押すと「うっ」とうめくような痛みが生じる点だ。このトリガーポイントを5秒程度押し続けると、歯痛が発生する。
 トリガーポイントは、顎を動かす筋肉を酷使したために生じるとされる。そこで、筋肉のストレッチやマッサージなどの治療が行われる。筋肉の血流を良くすることで、こりが解消され、症状が改善するという。急性の場合は、消炎鎮痛剤を服用することもある。

神経障害や頭痛が原因になることも

 神経回路の異常が原因で起こる「神経障害性歯痛」もある。末梢から中枢に至る神経のどこかに障害が生じて感じる痛みだ。主に、発作性の三叉神経痛(痛覚、温度覚、触覚などの顔の感覚を脳に伝える神経が刺激されることによる痛み)と、持続性の神経痛の2つのタイプがある。
 小見山教授は「三叉神経痛の場合、顔面の特定の場所に触れると、瞬間的に電気が走り抜けるような(電撃様)激痛が発生するため、洗顔や歯磨き、ひげ剃りができません。歯がツーンとしみるのも特徴です」と話す。
 典型的な三叉神経痛は、加齢とともに血管が動脈硬化を起こし、神経を圧迫することで起こる。ただし、脳腫瘍や多発性硬化症等により発症することもあるため、それらの疾患との鑑別が重要となる。発症年齢は50歳以上に多い。治療はカルバマゼピンなどを用いた薬物療法や、神経ブロック、神経外科的手術などがある。
 それ以外には、片頭痛などの症状の一つとして起こる「神経血管性歯痛」がある。歯の治療をしても効果はなく、頭痛の専門家を受診し、頭痛の治療を行うことが必要になるという。

 こうした慢性の歯の痛みに対処すべく、全国的に患者を診療できる拠点作りが進んでいる。
 日本大学松戸歯学部付属病院では、12年前に歯科と医科の医師が同じ診察室で、口、顔、頭の痛みを治療する「口・顔・頭の痛み外来」をスタートさせた。診療科の名称は異なるが、歯科と他の医科(歯科口腔外科、脳神経外科、耳鼻咽喉科、麻酔科、精神科など)が連携し、原因不明の歯痛を診断、治療できる施設は増えているという。痛みがあるのに歯には異常がないと言われたら、大学病院の歯科口腔外科などの専門の医師に問い合わせるべきかもしれない。

(あなたの健康百科編集部)

関連リンク(外部サイト)