2019年04月26日 公開

赤ちゃんの発話、音声に加え顔情報も影響

 乳児は生後2〜3カ月から「あー」「うー」といった発声を開始し、「マンマ」「ママ」といった意味のある言葉を発するのは10〜12カ月後からとされる。過去の研究で、こうした言語の獲得には、周囲の人が発する音声をまねる「音声模倣」が重要な役割を果たすことが明らかとなっているが、具体的な過程についてはよく分かっていなかった。今回、京都大学大学院教育学研究科教授の明和政子氏らの研究チームが発表した報告によると、話し手の口元を見る傾向が強い乳児ほど、高い頻度で音声模倣を行うことが分かったという(Developmental Science 2019; e12825)。

乳児とのアイコンタクトが重要

 研究チームはまず、「あ」「う」といった母音を発する発し手の顔を①通常の顔情報(正立条件)②上下180°回転(倒立条件)−の2パターンに分けてモニターに表示し、それを聞いた生後6カ月の乳児46人における視線反応と音声模倣の頻度を記録した。

 その結果、倒立条件と比べ正立条件の発し手に対して、乳児はより頻繁に音声模倣を行った。さらに、正立条件の発し手に対する乳児の視線反応をより詳しく分析したところ、話し手の目よりも口唇部を長く注視した乳児ほど、音声模倣の頻度が高かった。

 次に研究チームは、話し手を①相手を直視している顔情報(直視条件)②目を逸らしている顔情報(逸視条件)−の2パターンに分けて、同じように乳児23人における音声模倣の頻度を比較した。

 その結果、逸視条件と比べて直視条件の話し手に対して、乳児はより頻繁に音声模倣を行った。さらに、直視条件と逸視条件のいずれにおいても、話し手の口元を長く注視した乳児ほど音声模倣の頻度が高かったという。

 こうした結果について、研究チームは「乳児は耳にした音をただ自動的に口マネしているだけではなく、話し手の口の動きやアイコンタクトといった、他者の顔情報からの影響を強く受けていることが示された」と結論。今後について「より複雑な語彙獲得の個人差と、どう関連するかを解明することが課題となる」と展望している。

(あなたの健康百科編集部)