2019年11月07日 公開

ママが味噌汁を飲むと赤ちゃんが安眠!?

 日本では、若い人を中心に和食離れが進んでいる。一方、海外では健康志向に加え、2013年のユネスコ世界無形文化遺産への登録もあってか、和食への注目度は高い。そうした中、和食の良さを後押しするような研究結果が、富山大学大学院の研究グループから報告された。「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」に参加した7万2,000組を超える母子のデータを解析したところ、妊娠中に味噌汁を飲むことの多かった女性から生まれた子供は、あまり飲まなかった女性の子供に比べて、1歳時点で睡眠不足になりにくいことが分かったという。詳細は、PLoS One2019; 14: e0222792)に掲載されている。

7万2,000組超の母子を対象に解析

 人は通常、毎日決まった時間に起床・就寝し、おおむね一定のリズムで生活している。このリズムを「概日リズム(体内時計)」と呼ぶ。概日リズムは、日光を浴びる時間帯や食事の影響を受け、乱れることがある。

 幼少期に概日リズムが乱れて睡眠不足に陥ると、体の発達、特に肥満に影響すると指摘されている。子供の概日リズムに影響を及ぼす要因については、さまざまな角度からの研究が必要である。

 発酵食品の摂取は、腸内細菌叢に影響を与え、健康維持に役立つとの情報が増え、関心を集めている。また、母親の腸内細菌は子供に受け継がれるため、妊娠中の発酵食品の摂取が子供の発達や生活習慣に影響を及ぼすといった報告がある。さらに近年では、概日リズムが腸内細菌叢の影響を受けることも報告されている。

 こうした背景から、研究グループは今回、妊娠中の発酵食品の摂取が、生まれてきた子供の睡眠時間に及ぼす影響について検討した。解析対象は、エコチル調査に参加した7万2,624組の母子で、子供の年齢は1歳だった。妊娠中の発酵食品の摂取状況は、食事の摂取頻度に関するアンケート項目のうち、味噌汁、ヨーグルト、チーズ、納豆についての回答を用いた。また、子供の睡眠時間については、1日11時間未満を睡眠不足と定義した。

妊娠中の味噌汁摂取で、子の睡眠不足リスクが低下

 対象を、妊娠中の味噌汁の摂取量で4群に分け、子供の睡眠不足との関連を解析した。その結果、味噌汁の摂取量(中央値)が最も少ない群(10g/日)に対して、2番目に少ない群(32.1g/日)、3番目に少ない群(88.4g/日)、最も多い群(225.0g/日)では、子供が睡眠不足になるリスクがそれぞれ8%、13%、8%低下。妊娠中に摂取する味噌汁の量が増えると、子供が1歳の時点で睡眠不足になる割合が明らかに低くなることが示された。一方、ヨーグルト、チーズ、納豆では、摂取量と睡眠不足との間に関連は認められなかった。

 研究グループは、今回の研究結果について「これまでに報告されていない新規性の高い結果だ」と評価。その一方で、研究の限界について「妊娠中に味噌汁を飲めば、生まれてくる子供の睡眠不足を予防できるというものではない。妊娠中の食事と子供の睡眠時間は、第三者が測定したものではなく、母親の記憶に頼った回答に基づくもの。また、妊娠中に飲んだ味噌汁の成分や腸内細菌が子供の睡眠時間に影響していたか否かを直接調べたわけではなく、味噌汁の摂取以外の要因が関与している可能性も否定できない」と説明。その上で、「結果を検証するため、今後さらに介入研究を重ねる必要がある」とコメントしている。

(あなたの健康百科編集部)